はじめに

観光支援事業としてスタートしたお得な「県民割」キャンペーンは、7月前半に全国へと拡大される予定でしたが、コロナ感染拡大を受けて延期する方針が発表されました。状況が変わりがちな県民割ですが、これから旅行したい人に向けて県民割の内容や使い方など、注意点を含め知っておきたい情報をまとめました。


県民割(地域観光事業支援)とは

県民割(地域観光事業支援)とは、国が行う観光事業支援策として県内旅行する人を対象に、旅行代金が1泊最大で7,000円補助されるキャンペーンです。「もっとTokyo」「きょうと魅力再発見旅プロジェクト」など、都道府県ごとに独自の名称がつけられ、それぞれで実施されています。

県民割は宿泊の場合、1人1泊最大5,000円の割引とクーポン2,000円分がもらえます。クーポンは地域の対象店でのお買い物に利用できます。例えば、お土産、食事、ガソリン、公共交通機関、日用品など様々なシーンで利用できます。対象の宿泊施設やクーポンが使える場所は限られていますが、通常よりとても安く旅行することができます。

割引の要件として、ワクチン接種歴3回証明、またはPCR検査陰性証明と、県内在住を証明するための身分証提示が必要です。

7月前半には県民割が全国へと拡大する「全国旅行支援」が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期となり、7月14日までとされていた県民割の期限が8月末まで延長されました。ただし都道府県ごとに決定されますので、すでに大阪府のように延期はしないと判断した都道府県もあります。全国旅行支援の開始時期は改めて判断されることになります。

県民割の全国拡大でどう変わるのか

県民割が全国に拡大する「全国旅行支援」が始まると、今まで県内や近隣県にしか使えなかった割引が全国で使えるようになります。

全国旅行支援は、割引金額などが県民割とは異なります。県民割は割引率50%、最大で1泊5,000円の割引と、クーポンは2,000円でした。全国旅行支援は割引率40%、交通付き宿泊で最大8,000円の割引(交通付宿泊以外は最大5,000円)、クーポンは平日3,000円・休日1,000円になります。合計すると県民割は最大7,000円の補助でしたが、全国旅行支援では最大11,000円の補助が受けられます。前述の通り県民割は8月末までの予定ですが、全国旅行支援の開始時期は未定です。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ