趣味

優待マニア主婦ようこりんの投資戦略法!

はずさない優待銘柄を選ぶ5つの基準

日が短くなってきましたね。5時頃にはもう、うす暗くて何だか寂しい気分になってきますが、過ごしやすい気候なので長い夜はのんびりと家で過ごして、優待株の研究に時間を使おうと思っています。

さて、日経平均も12日現在で高値更新しましたので売りたい水準の優待株も出てきました。10月の優待はとても少なくて31社ですので、今回は私が過去に売買した銘柄や探し方などの投資戦略法を紹介したいと思います。

※購入は自己責任でよろしくお願いします


私の優待株の投資戦略法!

5月のマネープラスで、私自身の投資の話を書きましたが、「優待株投資で資産は作れますか? “優待主婦”が思うこと」優待株と言えど、利益確定してなんぼの世界と思っています。投資ですからね!

しかし、割安な時に買ったのであれば、なるべく値幅をとって売りたいものです。

「利回りも悪くなったし、割高にもなったし……等、自分にとって魅力の無くなった株」と思えた頃なら大きく値幅をとって売れる頃だと思います。そうしたら「利回り良く、割安で魅力的に思える株」が2つも3つも買えたりしますよね!?

それでは具体的に私の売買ですが、まずは売った株のお話を簡単にします。尚、今回の趣旨は「優待株の売買についての気付きや投資戦略」をお伝えできればと思っていますので、優待は私が頂いた優待品の写真の説明だけにさせてくださいね。

4℃ホールディングスの売り時

「8008 東・1 4℃ホールディングス

百貨店で4℃のお店はよく見かけます。こちらの特徴はなんといってもブランド力だと思います。本当に人気がありますよね。

2月末の優待です。100株だと2,000円分の製品か金券がもらえます。こちらは腕に付けるジュエリーでオシャレですよね! 毎年、違う優待が頂けます。

既に私は4℃の株を売ってしまいましたが、10月12日終値は3,020円 予想PER13.88倍、PBR1.52倍なので買えない水準ではないと思います。

私の過去の体験談ですが、4℃のブランド力を信じて、2009年から買ったり売ったりしていましたが、2012年の衆議院解散を受けて871円で買ってからはガチホールドしました。

株価は2014年には早くも20万円台に突入して2016年には2,600円台まで値上がり、4℃はまだまだ成長するだろうとは思ったものの、優待利回りが1%切っていますので、2017年の優待権利を過ぎたら売ろうと決めていました。売値は2,485円でしたが買値のほぼ3倍になるまで優待をもらい続けましたし、代わりに利回り良くてジュエリーもくれる会社が見つかったので後悔はありませんでした。

今の強い相場で成長力のある株が安値で戻ってくることは少ないですので、私は「売買」は「バイバイ」でお別れと思うようにしています(笑)

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ