趣味

安値で仕込んだ“優待マニアようこりん”イチオシの優待銘柄2社

安い時期に仕込みたい楽天ともう1社は?

ギフトカードとホテルの割引券、両方もらえます!

3258 東・1 ユニゾホールディングス

<株主優待内容>

権利日株数優待内容
3月末(1)UCギフトカード
(2)ホテル・ゴルフ共通株主優待券
ホテル:予約時にユニゾホテル(株)ホームページで提示する客室料金から3,000円割引(1泊1室)、
またはゴルフ:八千代ゴルフクラブが提示するプレー料金から3,000円割引(平日のみ、1日1名)
(3)ホテル・ゴルフ共通プレミア優待券
ホテル:客室料金1泊1室無料、
またはゴルフ:全日1名1ラウンド無料
100株以上(1)3,000円相当 (2)5枚
1,000株以上(1)5,000円相当 (2)5枚 (3)1枚

こちらは100株の優待です。過去に「ユニゾ」が「常和」だった時代の物です。値上がりしていったので一旦売っていました。

そしてユニゾのホテルは3段階に価格が分かれます。それはホテルのつくりやアメニティーに至るまで差別化して分けています。ホテルガイドをご覧ください。

(2)ホテル・ゴルフ共通株主優待券は、ホテルなら、1番お安い「UNIZO INN Express」で使用すれば、半額以下で泊まれちゃう案外使える優待です。

逆に1,000株以上でもらえる(3)ホテル・ゴルフ共通プレミア優待券をホテルで使用する場合、1番お高い「UNIZO」でも使えちゃうのです。

さて、私が買い増している理由なのですが、7年分の業績を見ても営業利益、経常利益と共に7年間ずっと右肩上がりで配当も2015年からは連続増配! なのに株価は2016年の6,000円台を最後にずっと低迷し続け、今では2,500円台をウロウロしている状態です。

簡単に言えば……「増収、増益で増配なのに株価だけ下がっている!!」ということです。

なぜ下がっているのかと言えば、1番の大きな原因は2017年6月に発表した公募増資だと思います。

この公募増資は475万株発行されて公募価格は2,480円ですので128億円もの大規模なものでした。公募価格にさや寄せするように株価も下がっていくのは当然の事だと思います。

もちろん調達された128億円は「厳格な基準に基づく国内外優良収益物件投資」等に使われ後に業績にも貢献してくるとは思うのですが、これだけ大きな公募増資をすると、また今年もするのでは?などと不安な気持ちが株価に現れているのだと思います。

それにしても4月16日の終 値2,545円で予想PER 7.97倍 PBR 0.76倍は不動産業界の中でも割安だと思いました!

しかも冒頭で述べたように主に東京都と米国に保有するオフィスビルやホテルの保有物件の含み益まで入れるとPBRはもっと優秀な数字になってくるのでは?とワクワクしてきます(笑)。

欠点は有利子負債も多いところでちょっと気にはなりますが、ビジネスモデルである保有物件があまりにも魅力的なので1,000株まで買い増しすることにしました。

配当も良いですし、「(3)ホテル・ゴルフ共通プレミア優待券」をもらって「UNIZO銀座」のレディースフロアにでも泊まりに行きたいとたくらんでおります(笑)。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ