生活

慰謝料の増額も?交通事故後の交渉を弁護士に任せるメリット

相手の言いなりにならないために

交通事故に遭遇するリスクはつねにつきまとうもの。安全運転をしていたとしても、人間が運転するものだけに、発生してしまう可能性があるというのが現状です。

読者の皆さんのなかにも、事故に遭遇してしまった人がいるのではないでしょうか?


交通事故遭遇時に借りたい『弁護士の力』

事故で被害者となった場合、人身損害として治療費、休業損害、慰謝料を物的損害として自動車の修繕費、代車費用などを請求することになります。昨今はそのような交渉を被害者側・加害者側共に契約している保険会社が代行して行うのが通常であり、双方の保険会社担当者が請求額について協議・交渉します。

しかし、被害者側の過失が0の場合は被害者側保険会社が示談を代行することはできませんので、そのような場合は被害者が加害者(加害者契約保険会社)と直接やり取りする必要が出てきます。

そして、このような直接のやり取りの中で、被害を受けたにもかかわらず、「被害者側にも落ち度があった」とか「治療をそろそろ終了するべきではないか」という主張を受け、対応に苦慮するというケースもよくあります。

そのようなとき、不慣れな被害者が適切に交渉を進めるのは、なかなか難しいものです。

そんなとき、活用してもらいたいのが交通事故に強い弁護士の力。「費用がかさむのでは」と心配はあるかもしれませんが、専門家の力を借りることには様々なメリットがあります。

弁護士に任せるメリット4選

具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

①慰謝料の増額が見込める

交通事故の補償を求める場面では、上記の通り、加害者(加害者契約保険会社)と人身損害については治療費、休業損害、入通院慰謝料(後遺障害がある場合は逸失利益、後遺障害慰謝料)などの損害について、物的損害については車両修理費、代車費用などの損害についてそれぞれ補償範囲を協議・交渉することになります。

また、この協議・交渉の過程で、事故態様に基づく当事者双方の過失割合についても協議することになります。

このような交渉では、加害者側からは、当然、加害者に有利な事実認識に基づく主張が行われますので、相手の、『言いなり』に話を進めてしまうと、本来受けられるはずの補償が受けられなくなるという不利益を受けることも往々にしてあります。

知識や経験の乏しい被害者本人に代わり、交渉に強く法律に精通した弁護士が保険会社と話し合うことで、このような不利益を回避し、慰謝料の増額が期待できます。

②主張するべきことをしっかり主張できる

上記の通り、加害者(加害者契約保険会社)は、交渉を加害者側に有利となるよう進めるのが通常ですので、加害者側に有利な事実認識や法律的評価を主張してくるのが通常です。これに対して知識・経験の乏しい被害者本人が的確な反論を行っていくのは、かなり難しいものです。

仮に相手主張を前提とした示談が成立したあとに、第三者から「それは安すぎる」と指摘されても、示談を撤回したり、取り消すことはできませんので後の祭りになってしまいます。

事故の判例に詳しい弁護士に依頼することで、被害者として主張すべきことを漏れなく主張してもらうことが可能となります。結果、不当に安い示談金で処理されてしまうということを回避できるのです。

③妥協せず交渉ことができる

保険会社との交渉を被害者本人が行うことは、上記の通り相当の困難が伴うものであり、「嫌になること」も多いもの。このような交渉に精神的に疲れてしまい、「もういいか…」とあきらめ・妥協したくなることもよくある話かもしれません。

弁護士に交渉を依頼すれば、被害者本人は矢面に立つ必要が一切なくなり、自身の味方である弁護士との連絡だけで済むようになります。そのため、変にあきらめたり妥協して不利な内容で示談してしまうという不利益を回避できます。

④ストレスが軽減される

上記③で記載のとおり、被害者本人による直接交渉は極度の精神的ストレスを伴うものです。弁護士が交渉を代行すれば、被害者本人はこのようなストレスから解放されます。

交通事故の際の弁護士の依頼についてもっと詳しく知りたいという方はこちらも合わせてご覧ください。
「交通事故の慰謝料問題を弁護士に頼むメリットとデメリット」

さいごに

交通事故後の交渉を弁護士が行うメリットをご理解いただけたでしょうか? もちろん、弁護士への依頼にはそれなりに費用がかかります。ただ、そのような費用を差し引いても利点が多いことも事実です。

また、自身の保険契約に弁護士費用補償特約がついていれば、弁護士に依頼しないという選択肢はまず取り柄ないでしょう。この特約は、弁護士費用の全部(全部でなくても相当範囲)をカバーしてくれる非常に有益な保障です。

弁護士のデメリットは費用のみですので、これがカバーされるのであれば依頼することにはメリットしかありません。

「不測の事態」に備え、交通事故に強い弁護士をリストアップしておいてみてはいかがでしょうか?

取材・文:櫻井哲夫

元記事:慰謝料の増額も期待できる?交通事故後の交渉を弁護士に任せるメリット4選

(記事提供/シェアしたくなる法律相談所

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ