生活

30代共働き夫婦 赤字の原因は「クレジットカード依存」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は横山光昭氏がお答えします。

クレジットカードの支払いが減りません。共働きで、子ども2人を保育園に預けて仕事をしています。2人合わせると収入は少なくない方だと思いますが、なかなか現金が手元に残りません。


キャッシュレスがよいといわれているし、小銭が邪魔にならないので、クレジットカード決済を多く利用します。ポイントもつくし、現金払いよりもお得に買い物ができます。そして、家計がピンチのときほど助かるツールなので、クレジットカードは手放せません。使いすぎて翌月の支払いが大変そうな時は、リボ払いや分割払いなどを利用しています。


ただ、給料が入り、クレジットカードの引き落とし、家賃、水道光熱費、通信費、生命保険料、保育料などの引き落とし額を確保すると、口座には12万円しか残りません。そして小遣いを夫婦それぞれに渡すと、生活費としての現金は6.5万円ほどです。生活費が足りなくなるのは、やりくりが下手だからなのでしょうか。それとも、固定費が高すぎるのでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、37歳、既婚(夫:38歳・会社員)、子ども2人(2歳・4歳)
・職業:会社員
・手取りの世帯月収:46.6万円
 妻17.4万円
 夫29.2万円
・年間ボーナス:30万円
・預貯金:80万円


【支出の内訳(48.5万円)】
・住居費:7.1万円
・食費:8.3万円
・水道光熱費:1.8万円
・通信費:3.4万円
・生命保険料:3.1万円
・日用品費:1.2万円
・教育費:7.2万円
・娯楽費:1.4万円
・被服費:2.8万円
・カード利用料:3.2万円
・その他生活費:約9万円


横山: ご相談ありがとうございます。毎月の家計は赤字の状況ですね。お話を伺う限りでは、クレジットカードに依存した暮らしが原因のようです。

クレジットカード払いが中心となっているので、使いすぎに気づけていません。そして、翌月の支払いが大変そうだと思ったら、リボ払いや分割払いなどを利用して回避しているようですね。それでは家計は改善しません。改善策を探っていきましょう。

クレジットカードの欠点とは?

買い物が無計画であるがゆえに、「総額でいくら使っているのか」「何にいくら使っているのか」が分かりにくくなっているようです。これは、後払い式であるクレジットカードの欠点です。ほしいものがあると我慢せずに購入するといった行動にもつながりやすくなります。

カードの使い道を把握し、収入の中で計画的に利用することができれば問題ありませんが、相談者さんはクレジットカードの使い方を間違ってしまっているようです。早急に使い方を見直しましょう。

可能であれば、クレジットカードは使わないように生活したいのですが、現状では急にやめると生活ができなくなりそうです。貯蓄が少ないので、多少不安ですが、貯蓄も利用しつつ、徐々に軌道修正をしていきましょう。

そのためには、毎月の支出を圧縮し、カード払いを少なくしつつ、少しずつ現金でのやりくりを多くしていきます。

支出を圧縮すれば、クレジットカードの使用も減る

無駄な支出を見つけるために、普段の生活の仕方を振り返ってみましょう。食材を買っても捨ててしまうことが多い、衝動買いが多いといった場合は、まずそこを正していきましょう。

食材については、1週間に1度は賞味期限や鮮度を確かめましょう。そして、悪くなりそうなものから食べていくようにしてください。お仕事で大変かもしれませんが、お子さんとゲーム感覚でやっていくと、家庭の定例行事として楽しめるかもしれません。年中さん頃になると、女の子はおままごと感覚で楽しんで積極的にやってくれることもあるようです。

衝動買いの気持ちは、なかなか自分では抑えることが難しいものですが、必ず2~3日はほしい気持ちを抑え、よく考えてから購入しましょう。衝動買いをするような商品は、たいていその時に一時的な満足感が得られるだけで、その後は「どうして買ったのかな」と思うことが多いと思います。そういうことを極力避けてほしいと思います。

支出が減ると、少しずつクレジットカード払いも減ってくるでしょう。

カードを使い過ぎてしまうなら、即時決済方式を

キャッシュレス化を促進させようという働きかけは多く、今後キャッシュレス決済が優遇されるシステムができるという報道もあります。今後どんどん進んでいくと思われますが、メリットがある半面、支払いにタイムラグが生じるなどのデメリットもあります。つまり、支払いがすぐに行われないために、支出状況が分かりにくくなってしまうのです。

日本はまだ現金が手元にないと暮らしにくいものです。キャッシュレス生活を実現するにはまだ時間がかかるでしょう。今の段階では、使い方を間違ってしまう人も多いでしょうし、自分のお金の使い方がきちんと把握できていない人にとっては、借金を作ってしまうツールにもなります。

慣れない人は、クレジットカードのような後払い方式のカードではなく、デビットカードや電子マネーなど即座に残高が分かるようなものを利用していくほうがよいでしょう。

相談者さんも今回の失敗を機に、自分のお金遣いを把握し、即時決済方式に変更してみてください。即時決済のカードを利用することは、クレジットカード決済の管理が苦手な人にはおすすめです。
 

マネーフォワードと家計再生コンサルタントの横山光昭による、公平で安心できるお金の相談窓口「mirai talk」が新宿にオープン。無料セミナーも毎週実施中

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ