12月19日は3社同時上場のはずが……

銘柄名抽選期間必要資金成長性事業人気需給評価
日本モーゲージサービス11/30~12/620.1万B
ZMP11/30~12/810.4万A
船場12/1~12/712.9万D

注目IPOだったZMPが顧客情報流出で上場延期に

12月で最も話題性のあるIPOになるはずだったZMP。自動運転ベンチャーということで東証では初物、かつ、とてつもなく期待値の高い銘柄でした。以前の記事では、想定価格760円からどこまで仮条件を上げてくるかで人気の度合いが分かると書きました。

https://moneyforward.com/media/career/26063/

しかし、12月8日午後、ZMPは11月に判明した顧客情報流出の影響から、セキュリティ体制を見直すために上場延期を発表しました……。

「日本モーゲージサービス(7192)」

住宅ローンの貸付など住宅金融を手掛ける。同業より割安で成長性もあります。しかもマザーズの小型案件なので、堅調な初値が期待できます。

「船場(6540)」

商業施設の企画・設計をする東証2部の大型案件です。成長も止まり、若干割安感はあるものの買われる要素はあまりなく、公募割れも視野に入れておいた方が良さそうです。

12月中旬~下旬のIPO初値予想

銘柄名抽選期間必要資金成長性事業人気需給評価
投資法人みらい12/1~12/618.5万D
リネットジャパグループ12/2~12/818.3万B
セグエグループ12/5~12/917万A
グレイステクノロジー12/5~12/931万A
イノベーション12/6~12/1225.7万~A

「投資法人みらい(3476)」

REITの上場です。ここのところREITは公募割れが目立っており、ここはかなり大型なうえに仮条件が大幅に引き下げられています。手出し無用、公募割れの可能性ありです。

「リネットジャパグループ(3556)」

ネット専業のリユース事業。成長性は高くないが同業よりも割安です。マザーズの小型案件だと考えると、初値はそこそこ上昇すると思います。

「セグエグループ(3968)」

ITインフラ、ネットセキュリティなど人気の業種です。成長性は今一つですが、割安に設定されています。規模もかなり小型で、IPO的にはスキが見当たりません。初値は2倍も視野に。

「グレイステクノロジー(6541)」

マニュアルの電子化事業で人気は集めそうです。導入した企業はコスト削減もできると言います。業績も売上、利益とも堅調で、しかも小型なので、初値は2倍も狙えます。一口31万もするので、当たればでかいでしょう。

「イノベーション(3970)」

ネットマーケティング支援ということで人気はかなり高いです。売上が落ちているのが気になりますが、その分割安で、これまた規模が小さいときています。売上が落ちているのを割り引くと、2倍もいけば大成功の初値と言えます。