読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は横山光昭氏がお答えします。

仕方がないとはわかっているのですが、不妊治療をしているので、貯蓄が減る一方でまったく貯まりません。治療や検査の内容によって毎月の金額にばらつきはありますが、治療費は年間で180万円ほどかかります。体に負担をかけたくないので仕事はしていません。また、妊娠しやすい体を作るために、本で得た情報やセミナーで聞いた食材をよく食べるようにしています。疲れて外食にしてしまう日も多いのですが、体には気を使っているつもりです。


ただ、今のまま支出を続け、貯蓄が減ってしまうと、たとえ子を授かっても生活が大変になるのではないかと心配になるときがあります。働きに出ることも不安ですので、やりくりでなんとか支出を抑えていきたいと思っています。


〈相談者プロフィール〉
・女性、36歳、既婚(夫:36歳・会社員)
・職業:専業主婦
・手取りの世帯月収:63.2万円
・手取り年間ボーナス:なし
・貯蓄:約800万円


【支出の内訳(62.6万円)】
・住居費:12万円  
・食費:10.3万円
・水道光熱費:2.3万円
・通信費:1.1万円
・生命保険料:2.8万円
・日用品代:0.8万円
・医療費:15.3万円
・教育費:2万円(妊活のセミナー代)
・交通費:1.6万円(タクシーが多め)
・被服費:1.8万円(セミナーに行く洋服代)
・交際費:1.2万円(セミナーの懇親会)
・娯楽費:1万円(夫との外出)
・こづかい:9万円(夫7万円、妻2万円)
・その他:1.4万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ