住まい

義父から安く譲り受けた都内の土地、贈与税を抑える方法は?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、義理の父親から本来よりも安い価格で都内の土地を譲り受けようとしている30代の男性。そもそも、従来の半額以下の価格で親族間で売買することは可能なのでしょうか。また、贈与税がかからない方法で土地の売買をすることはできるのでしょうか。FPの伊藤英佑氏がお答えします。

妻の両親が都内に土地を所有しており、その土地を私達に譲ってくれるという話をもらっています。相談した結果、1000万円程度(それでも従来の土地価格の半額か、それ以下です)をこちらが支払おうと思っています。有償になった理由としては、義理の両親の方でも多少のお金が必要であったためです。ただ、今は私が1000万円をすぐに用意できるわけではないので銀行から借りる必要があるのですが、以下の3点について可否や詳細を教えていただけないでしょうか。


1.そもそも義理の父親の土地を購入する目的でローンを組むことができるのか
2.本来の価格よりも安い値段で義理の息子に土地を売ることができるのか
3.またそれらのやりとりが発生することによって、贈与税・相続税などの税金はどれくらい発生するのか


また、それらが困難であった場合、義理の親の土地を本来よりも安い価格で、かつ税金を抑えたかたちで売買する別の方法や、いったん土地を借りて住居を建ててから、徐々に土地の贈与をおこなうパターンが可能なのか、などについても教えていただきたいです。よろしくお願いします。


〈相談者プロフィール〉
・男性、30代前半、既婚、子供1人


伊藤: ご質問ありがとうございます。ご相談者の義理の両親から1000万円程度で都内の土地を購入する予定で、資金は銀行から借りたいというご相談ですね。

なお、1000万円程度の土地の価格につきまして、「従来の土地価格の半額か、それ以下」とのことで、「従来の」というのは「購入時等」を指すのだと思われますが、現在の時価も大よそ変わらないという前提で話を進めることといたします(「従来の土地価格」がバブル期だと話が少し変わる可能性があります)。

ご質問項目に沿った形で回答してまいります。

ローンの借り入れは問題なし?

1.そもそも義理の父親の土地を購入する目的でローンを組むことができるのか

銀行からローンを借りられるかどうかは、借主の資産状況や収支の状況によります。不動産取得のローンについては一般的に借入の土地に抵当権をつけることになります。義理の両親に土地購入時のローン残債がなく、担保(抵当権)が付いておらず、ご質問者の収支や資産状況に基づく返済能力にもよりますが、他に債務等はないという前提であれば、一般的に考えて土地を担保に入れて評価額の半額程度をローンで借りることはそれほど難しくはないと思います。銀行や信金などの金融機関へご相談されると良いと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ