読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、猫と一緒に暮らせるマンションを購入したいという36歳の独身女性。頭金として1000万円貯まったら購入に踏み切ろうとしていますが、現在の収入がいつまで続くかわからないといいます。相談者の悩みに、FPの三澤恭子氏がお答えします。

36歳独身、結婚の予定はありません。月収は、派遣社員(手取り月40万円)と、副業(月10〜20万円)を合わせた50~60万円です。8ヵ月前から毎月30~40万貯金しています。ただし、現状の収入はいつまで続くかわからない状態です。


数年後、猫を飼いたいのですが、都心部で猫が快適に住める賃貸物件を探すと14万円以上になってしまうため、それなら中古マンション購入した方がよいのではと考えています。頭金1000万貯まった段階で中古マンションを購入する予定ですが、どのくらいの金額の物件をねらうべきでしょうか? また、我慢をしている自覚はあまりないのですが、月の支出額や、自費で旅行に行ったことがないと友人に話したら、もう少し好きなものを買っても良いと心配されたので、お金の使い方も知りたいです。アドバイスよろしくお願いいたします。
※病気の関係で満員電車に乗れないため、都心の職場自転車圏内に住んでいます。
※病気で数年フルタイムで働けなかったため、200万の奨学金猶予申請中(4ヵ月後に猶予期間終了)です。その後、繰り上げ返済する予定です。


〈相談者プロフィール〉
・女性、36歳、未婚(結婚予定なし)
・職業:派遣社員(アートディレクター)+副業(デザイナー)
・居住形態:賃貸
・手取り世帯月収:50〜60万
(うち副業が月10〜20万)
・毎月の支出目安:13万円
・貯金:300万円(普通預金)
・負債(奨学金):200万円


<支出の内訳>
・住居費:7万円(光熱費・自宅ネット代込)
・通信費:0.2万円
・食費:2万円
・日用品:0.5万円
・趣味・娯楽費:1万円(書籍、ゲーム、音楽)
・衣服・美容費:0.9万円
・保険:0.2万円
・健康・医療費:0.2万円
・交通費:0.2万円
・交際費:0.8万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ