はじめに

近所の公園や原っぱでチェアリングも最高

これまで私はパリッコさんと一緒に、時には一人で、様々な場所でチェアリングをしてきました。その結果、分かったことは「場所は割とどこでもいい」ということです。いや、そう言ってしまうと身も蓋もないのですが、どんな場所に椅子を置いても楽しいということです。チェアリングを何度繰り返してもいつも新鮮に感じるのが、場所を定めて、椅子に腰かけた瞬間です。

その瞬間、なんともいえず心がシーンと落ち着くのです。立っている時よりも視線が低くなるためか、見える風景がガラッと変わったように感じられます。一度その心持ちになってしまえば、例えば見上げた空にゆっくり流れていく雲だとか、時おり現れては飛び去っていく鳥だとか、風が吹いて少しゆれる木々、遠くの方を歩いていく人の姿などなどがすべて美しく感じられてきます。

チェアリング

むしろ人があまりいないような、特にこれといった観光地でもないだだっ広い場所の方が、ゆったりできておすすめです。ゴールデンウイークの真ん中あたりの「ちょっと疲れたな」というタイミングや、最終日にほんの少しリラックスしたい時などに近所の公園や原っぱなどに椅子を持って出かけるのが最高なのでは? と思います。そしてそういう時も、極力ぼんやり過ごすのがおすすめです。

「大自然を満喫するぞ!」という時はもっと本格的なキャンプをしたりハイキングをしたりと、いくらでも手段があります。チェアリングはもっと身近な、生活に寄り添った遊びなのです。その点で、コンビニやトイレが近くにある場所を選ぶのもコツと言えるかもしれません。喉が乾いたらすぐ買いに行ける、急にトイレに行きたくなっても困らない、そんな場所を探してみましょう。

ベランダで風を感じながらチェアリング

それすらちょっと面倒に感じる方におすすめなのが、「ベランダチェアリング」です。お住いの中に椅子が置けるぐらいの広さのベランダがあるのなら、ぜひ試してみていただきたいと思います。少し広い景色が見え、風を感じながら座っているだけでなんだか日常から少し離れた気分を味わえるはず。露天風呂がなんともいえず気持ちいいのと同じです。さらに部屋に戻れば冷蔵庫もトイレもあるのですからこの上なく便利。自由に使える屋上が近くにあるという方は、そこでのチェアリングも最高でしょうね。

チェアリング

楽しみなゴールデンウイーク、行きたいところ、やりたいことはたくさんあるかと思いますが、ちょっと一息つきたいような、でもいつもとちょっと違う気分を味わいたいという時にはチェアリングのことを思い出してみてください。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。