西武鉄道「S-TRAIN」&「拝島ライナー」

S-TRAIN

S-TRAIN

西武池袋線から東京メトロ有楽町線への利用客の増加に合わせ、所沢~有楽町・豊洲間を結ぶ平日の着席サービスを実施するために登場したのが、2017(平成27)年3月25日に運転を開始した40000系「S-TRAIN」です。

拝島ライナー&S-TRAIN車内

拝島ライナー&S-TRAIN車内

ロングシート車にもなるデュアルシートを装備した車両ですが、幅広い運用を考慮して4号車に車椅子対応トイレを設置しています。

さらに10号車にはベビーカーや車椅子などを置けるフリースペース「パートナーゾーン」を設置するなど、バリアフリーに対応したサービスが行われています。現在、平日は所沢~豊洲間に下り5本、上り2本が運転されており、指定席料金は510円となります。

なお、所沢~豊洲間の列車は平日のみの運転ですが、土休日には元町・中華街と西武秩父を結ぶ長距離の観光列車に変身します。

元町・中華街発は西武秩父行き1本、飯能行き1本、所沢行き1本の計3本、元町・中華街行は飯能発1本、西武秩父発1本の計2本となります。指定席料金は乗車区間により300円~1,060円となります。

また、西武新宿線でも西武新宿~拝島間を結ぶ座席指定制の「拝島ライナー」が、2018(平成30)年3月10日から運転を開始しました。同じく40000系10両編成を使用した列車で、平日下り5本、土休日下り5本の運転で、指定席料金は300円(車内精算は500円)となります。