キャリア

米中摩擦はこの先、どんなシナリオをたどりうるのか

IMFの試算を基にひも解く

最悪のシナリオを回避するには?

この試算からは、企業心理・金融市場への影響波及を考慮したシナリオ4に至ってしまった場合は、貿易紛争の影響を世界経済が吸収することは困難であると思われ、市場がグローバルなリスク回避的環境に陥る可能性があると考えます。

しかし、米国においても、シナリオ4のような経済成長率の引き下げにつながる事態は回避したいと考えることが自然であると思われます。

中国に対する制裁関税であることから、制裁関税のコストは中国が負担するような印象を持ってしまうのですが、もう少し厳密に考えてみましょう。

関税によるコストアップを吸収する方法・主体としては、

(1)中国輸出企業のコスト負担
(2)中国企業を支える中国政府・中央銀行の財政・産業政策、金融政策
(3)中国元安
(4)米国輸入企業のコスト負担
(5)製品の購入者(例:米国の消費者)による値上げ受け入れ

などが考えられます。

人民元

経済は生き物であり、米ドル・人民元相場は人民元安に動くことで、制裁関税のコストを緩和しようとする動きがみられます。ただし、人民元の変動は中国政府などによりコントロールされる可能性があると考えます。

<文:チーフ・グローバル・ストラテジスト 柏原延行>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ