キャリア

次の狙い目は6月末!大人気の株主優待をゲットする方法

気になる株主優待をチェックしよう

株式投資の楽しみのひとつが「株主優待」です。割引券にお米にお肉…。

「生活の全てを株主優待で賄う」なんて方もいますが、実際にはどのように株主優待をゲットするのでしょうか?

今回は、株主優待について学びましょう!


株主優待って何?

メディア等で紹介されることも多いので、株主優待をご存知の方は多いと思います。

株主優待は、「株主になってくれてありがとう」「私達の製品を使ってみてください」という気持ちを込めて、企業が株主へモノやサービスを送る制度のことです。

自社製品を始め、割引券やサービス利用券、株主優待限定の商品を用意する企業もあります。株主優待を実施している企業は個人投資家からの人気が高く、多くの企業が積極的に株主優待を導入しています。

株主優待がもらえないこともある?!

企業から株主に送られる株主優待ですが、株式を買ったらすぐにもらえる…という訳ではありません。企業ごとに株主優待を実施する時期が決まっており、その時期に株主であることが条件となります。

たとえば100円ショップのキャンドゥ(2698)は、100株以上で優待券が20枚もらえます。「権利確定月」という欄を見ると、「5月」とあります。この場合、5月末の時点で株主、つまり100株以上保有していると優待を受け取ることができるということです。

この企業は年に1回ですが、企業によっては年に2回の場合や、3回以上権利確定月がある場合もあります。

画像:マネックス証券ウェブサイトより

ここで注意したいのは、株式は買った日ではなく、その日を含めた4営業日目に受け渡しされるということです。

5月末の時点に株主でいる場合、5月31日を入れた4営業日前の5月28日までに株式を買い、保有しておく必要があります。もし5月29日に買った場合は受渡日が6月1日となり、株主優待の権利はつきません。

画像:マネックス証券ウェブサイトより

※2019年7月16日(予定)から決済期間が短縮され、株式を買った日を含めて3営業日目が受渡日となります。

「結局いつまでに買えばいいの?難しい~!」と感じた方もご安心を。ほとんどの証券会社のウェブサイトでは、毎月いつまでに株式を購入すればいいかを案内しているので、そちらで確認しましょう。

株主限定ビールも!おもしろ株主優待

株主優待でもらえる商品やサービスは実に様々です。

私が個人的に「おもしろい!」と思ったのは、アサヒグループホールディングス(2502)。株主特製ビールが届きます。毎年異なる味で、届くのを楽しみにしている株主も多いとか。私も一度飲んだことがありますが、いつも買って飲むビールとは少し風味が違っていて美味しかったです!

小松製作所(6301)は、ダンプカーやブルドーザーなど、自社の建設機械をそのまま小さくしたような、非売品のミニチュアが届きます。コレクターにはたまらない商品ですね。

これらの株主優待が取得できる権利確定月は毎月ありますが、ほとんどの企業が決算月に合わせて株主優待を実施することから、決算が集中する3月、6月、9月、12月に多くの企業の権利確定月となります。次に権利が集中するのは6月。

それまでに、気になる株主優待を探してみてはいかがでしょうか?

※ 株主優待は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ