橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、3人の子供を抱える39歳の共働き主婦。高収入世帯ですが、教育費や老後資金のことを考えると不安になるといいます。FPの菅原直子氏がお答えします。

夫婦と子供3人の5人暮らしです。夫は単身赴任で週末帰ってきます。夫の年収は1200万円、私の年収は320万円ほどです。毎月の手取りは夫婦合わせて55万円程度。主人は3月にインセンティブボーナスがあり、手取りで200万円ほど支給されます。また、私の親から子供の習い事代として毎月5万ほど支援してもらっています。


中学受験は考えていませんが、現在子供の教育費が結構かかっており、これから高校・大学とますます費用がかかるのを、どうやって準備したらいいのか悩んでいます。老後資金も必要な時代ですし、今後が不安です。私は体力的に、そろそろフルタイムではなくパート勤務に切り替えたいのですが、そうなると、ますます貯められなくなります。娘二人は看護師を目指しており、どこまで教育費がかかるのか未知数です。アドバイスをいただければ、目標を立ててそれに向けてがんばれますので、どうぞよろしくお願いいたします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、39歳、既婚(夫:39歳、会社員)
・子供3人:12歳、8歳、6歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の世帯の手取り金額:55万円+5万円(親からの援助)
・年間の手取りボーナス額:270万円
(夫200万円、妻70万円)
・毎月の世帯の支出目安:50万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:2700万円
・現在の投資総額:1000万円
・現在の負債総額:1700万円(住宅ローン)


【支出の内訳】
・住居費:13万円
・食費:6万円
・水道光熱費:3万円
・教育費:10万円
・保険料:2万円
・通信費:1万円
・車両費:2万円
・お小遣い:9万円
・その他:4万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ