はじめに

上質なインテリアにも注目

インパラ

そしてもう一点、インテリアのクオリティが高いことも高評価のひとつ。そのお陰で「もう車はこれでいいよ」と結論を出しても後悔しないレベルにあります。そしてこの写真のスポーティな仕様である「ハイウェイスター」は上質なインテリアに加え、一目で分かる外観のカッコ良さで、軽自動車の人気車種になっています。 ちなみに三菱で販売される「ekワゴン」と、そのSUVバージョンの「ekクロス」なども、上質なインテリアと三菱流の個性的なフロントマスクが人気を得ていますから、日産と三菱にとって久し振りに明るいニュースといえます。

ハイウェイスター
リアハッチには車名とグレード名、そしてSハイブリッドであることを示すエンブレム

でも、少し落ち着いて考えてみると、試乗車のオプション価格の総額は50万円近くとなり、車両の価格の総額は200万円を超えます。この価格は軽自動車としてどうなんでしょうか? 

そしてなによりも日産「マーチ」や三菱「ミラージュ」といった、つまり軽自動車のひとクラス上行く1リットルクラスの普通車が、良く出来た軽自動車に食われてしまって、メーカーにとって痛し痒しとならなければいいなと、少々心配になりますが。