キャリア

日清食品の完全栄養食「All-in NOODLES」を食べてみた

新時代の「チキンラーメン」になれるか?

必要な栄養素を簡単に摂取できる「完全食(完全栄養食)」をうたう商品が各社から投入される中、日清食品は8月19日、中華麺タイプの新商品「All-in NOODLES(オールインヌードル)」シリーズを発売しました。

完全食の商品は栄養素を盛り込むことを重視した結果、味は二の次になりがちですが、どのような商品に仕上がっているのか、コワーキングスペース「WeWork」の旗艦店「アイスバーグ」(東京都渋谷区)で開かれた試食イベントで味わってきました。


「All-in NOODLES」の麺はどんな味?

日清食品が3月に発売した「All-in PASTA(オールインパスタ)」は、1日に必要なすべての栄養素の3分の1が摂取できるとしているシリーズ。発売直後には販売計画の2ヵ月分の在庫がわずか5時間で完売となり、その後も約2ヵ月間、品薄の状態が続いたといいます。

今回発売したのは、“まぜそば”が作れる中華麺タイプのAll-in NOODLES。1食分に13種類のビタミン、13種類のミネラル、たんぱく質、食物繊維を配合。一般的な中華麺と比較して糖質が40%オフで、たんぱく質を24.1グラム含んでいます。

麺を単品(400円、税別、以下同)で購入できるほか、カップタイプとして「卵黄だれとラー油をきかせたコク旨油そば」「パクチー香るトムヤムまぜそば」「ごま香る濃厚担々まぜそば」(各600円)の3種類をラインナップしています。

All-in NOODLES

作る手順は一般的なカップ焼きそばと同様で、麺とかやくを入れた後に熱湯を注ぎ6分待ちます。湯切りして「ほぐしオイル」「液体だれ」「スパイス」を混ぜ合わせると、「ごま香る濃厚担々まぜそば」は完成しました。

All-in NOODLES

食べてみると、麺はごわごわとしてプツリと切れ、一般的な中華麺の食感とは異なります。しかし味の面では、無理して栄養食をとっているような感覚はなく、香辛料の効いた即席麺の担々まぜそばとして、あまり違和感のない仕上がりになっています。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ