生活

27歳美容師の財布事情「生活費月13万、もっと節約できる?」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、美容師として働く27歳の女性。基本給は月13万円、あの手この手で家計をやりくりしますが、今の生活のままではお金に対する不安が払拭できないといいます。FPの飯田道子氏がお答えします。

20歳で専門学校を卒業して美容師として7年目に突入しましたが、経済的な不安があり、これからの人生設計を見直しするために相談させていただきました。月収は歩合制で、基本給は13万円。そこから売り上げの10%が上乗せされます。

売り上げはその月ごとに上下しますが、大体3万~4万円です。少しでも将来のために貯蓄をしようと、手取りが13万円以上あっても、毎月13万円分しか引き落とししません。手取りが15万であれば2万円の貯蓄、手取りが13万円であれば0円の貯蓄といった感じです。

月13万円の支出内訳ですが、そこから7万円を引き落とし専用口座(通信費、コンタクト定期料金、保険料、車のローン)に入れます。残りの6万円の内訳ですが、2万円は食費、2万円はお小遣い(ガソリン代、洗剤などの生活用品も含む)、2万円は仕事で必要な道具の購入費やマネキン代に充てています。食費などが余れば貯蓄に回しています。

ボーナスは年2回、手取り1万円ずつで、そのうち1回は貯蓄に回し、もう1回は自由に使っていいルールにしています。実家暮らしなので、居住費、水道光熱費がかからないので助かっています。ただ年に一度旅行に行くので、それで貯蓄が10万円前後なくなります

もっと削減できるところや見直すべき点などあれば教えていただけるとうれしいです。また、月収20万円以下でももっと貯めることはできるのでしょうか。アドバイスよろしくお願いいたします。

<相談者プロフィール>
・女性、27歳、未婚
・職業:会社員(美容師)
・居住形態:親の家で同居
・毎月の手取り金額:13万円
・年間の手取りボーナス額:2万円
・毎月の支出目安:13万円

【支出の内訳】
・住居費:なし
・食費:2万円
・水道光熱費:なし
・教育費:なし
・保険料:2万円
・通信費:1.2万円
・車両費:2万円(車のローン)
・お小遣い:2万円
・その他:3.8万円(コンタクト代含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0~4万円
・現在の貯蓄総額:45万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:70万円(車のローン、残り期間3年)

飯田: 社会人7年目で経済的不安があり、人生設計の見直しのために相談したいという相談者様。月収は歩合制で基本給13万円と売上の10%が支給されるという給与体系のようです。相談者様なりにいろいろと工夫して貯蓄に回しているようですが、見直すべきところがあればアドバイスが欲しいとのことです。

無駄のない支出内容だけど…

美容師さんという仕事上、基本給は低めで歩合を上乗せするスタイルのようですが、その中でもしっかりとやりくりをして、現状、貯蓄できていると思います。

支出内容はざっくりとしたもののみを拝見していますが、この中で使途不明金はないでしょうか。買ってしまった、使ってしまったけど無駄だったなという出費がなければOKです。今一度、見直しをしてみてください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ