子育て

高校3年間でかかる教育費用を徹底解説! 親の収入で変わる支援制度

高等学校等就学支援金から塾・大学の費用まで

国などの教育に対する支援制度も随時変更があり、令和2年度は私立高校に通う生徒を対象とする、高等学校等就学支援金の引き上げが予定されています。

既に高校生のいるご家庭、または、これから子どもの進路として私立高校も視野に入れたいというご家庭のために、高校生にかかる教育費やぜひ知っておきたい支援制度についてお伝えします。


高校生の教育費はいくらかかる?

文部科学省のデータ によると、高校3年間にかかる平均の教育費は、公立高校に通う場合は合計で約135.1万円、私立高校なら約311.0万円となっています。私立高校は公立高校の約2.3倍もの費用がかかっていることがわかりますね。

公立高校・私立高校のどちらも、1年生のときの費用が3年間で最も高いです。1年生のときは入学金や制服・教材購入など入学準備のためにまとまった支出があるからです。

図1:高校3年間にかかる平均の教育費

高校3年間にかかる平均の教育費

※補助学習費とは、学習塾費・家庭教師費・家庭内学習費などを含む。
資料:文部科学省「2016年度(平成28年度)子供の学習費調査」をもとに執筆者作成

では、内訳を少し細かく見てみましょう。

表1:高校3年間にかかる平均の教育費内訳

高校3年間にかかる平均の教育費内訳

※学校教育費とは、学校教育のために各家庭が支出した全経費で、授業料・入学金など学校納付金の他、必要に応じて各家庭が支出する経費(学用品費、クラブ活動費、通学費、通学用品費など)の合計。
※学校外活動費とは、家庭内学習費・家庭教師費・学習塾費など補助学習費とその他の習いごとや活動のため学校外活動費の合計。
資料:文部科学省「2016年度(平成28年度)子供の学習費調査」をもとに執筆者作成

注意しておきたいのは、
・授業料は、ご家庭の年収(税額)
・教科外活動費は、クラブ活動をするかどうか
・通学費は、自宅と学校の距離
・塾代は、塾に行くかどうか
などの事情により、大きく違ってくることです。

(1) 授業料は家庭の年収で大きく違う

平均としては公立高校で2万円台、私立高校で20万円後半台となっていますが、「高等学校等就学支援金」という制度や都道府県による補助を受けているご家庭を含めた平均です。

こういった補助はご家庭の年収により制限があり、受けられる就学支援金の金額に差があります。家庭の年収が制限を超えていれば授業料が全額自己負担になり、平均よりもずっと大きくかかります。

(2)塾代は塾に行くかどうかで大きく違う

高校2年生・3年生になると1年生よりも負担が減っていますが、大学受験をしないため学習塾などの費用が抑えられる生徒を計算に含めているため、平均額が低くなっていることに注意しましょう。大学進学を希望し学習塾に行く場合は、平均よりも補助学習費がかかります。

<学習塾> 大手進学塾 に1年間通う場合、約72万9,000円
・入塾金3万円
・月額約1万6,000円 ×3科目×12カ月=約57万6,000円
・模擬試験 約7,000円 ×3回=約2万1,000円
・夏期講習 ・冬期講習  約1万7,000円×3講座×2期=約10万2,000円
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ