生活

マック「100円コーヒー」が全面刷新、カフェ難民の救世主になるか

価格は据え置きで本格派の味に

10月1日の消費増税に伴い、カフェなどの外食店舗でイートインした際の消費税率が10%に上がりました。わずか2%の上昇とはいえ、仕事の合間などにカフェを頻繁に利用していた愛好者には、小さくない負担となっています。中には、これまで使い慣れていたカフェの利用を見合わせ、予算に合った価格帯のカフェを探し歩いている人もいるようです。

そんな“カフェ難民”にとって朗報となるかもしれない商品リニューアルを、日本マクドナルドが10月9日に発表しました。Sサイズ100円で提供してきた「プレミアムローストコーヒー」を約3年ぶりに全面刷新したのです。

しかも、販売価格の100円は税込み価格で据え置き。はたして、リニューアルの中身はカフェ難民たちの肥えた舌にかなうデキになっているのでしょうか。


芸能界のコーヒー通も太鼓判

「おおー、僕の好きな濃いめだね。香りというか、コクというか、うま味というか、進化しているね」

1日に5~6回はコーヒーを飲み、心臓が止まるまで飲み続けると豪語する、俳優の藤岡弘、さん。10月9日に開催されたプレミアムローストコーヒーのリニューアル発表会で、新商品をこう評しました。

同じイベントには、ママ友とコーヒーをよく飲むという、タレントの若槻千夏さんも登壇。「普段はブラックで飲まないけれど、これはブラックでもスッと飲める。しかも1時間かけてメイクした後に飲んでも、味わいが変わらないのに感動しました」と、感想を話しました。

藤岡弘
毛筆で味わいを表現する藤岡弘、さん(左)

新商品の印象を感じ一文字で表すことを求められた藤岡さんは、毛筆で「濃」と表現。「濃いコーヒーでガツンと来る。気持ちが入るコーヒーは良いよね」と、付け加えました。

中身に加えてカップも一新

日本マクドナルドが10月15日から提供を始める、新プレミアムローストコーヒー。リニューアルに際しては、「深みのある濃い味わい」「食事とよく合う味」「味わいの経時変化を抑える」という3点にこだわったといいます。

中身のリニューアルに合わせて、カップも一新。マクドナルドのロゴと同じゴールデンイエローに色味を変更するとともに、カップのデザインを5種類用意。カップ同士を横に並べると線でつながって見えるなど、SNS映えも意識しました。「家族や友人と共有して楽しんでいただきたい」と、日本マクドナルドの西田瑛太郎ナショナルマーケティング部長は狙いを語ります。

カップ
カップのデザインはSNS映えを意識

今回のコーヒーのリニューアルは、同社が4月から始めた「もっと、おいしさ&バリュー向上宣言」という一連の施策の第6弾に当たります。昨年度の「もっと、おいしさ向上宣言」では味に照準を絞りましたが、今年度は味に加えて商品の値打ち感の向上も意識した商品開発を進めています。

それゆえ、商品の中身は見直した一方、価格は税込み100円(Sサイズ)を据え置きました。「自信のあるリニューアルなので、一度飲んでもらえたら、おいしさとバリューを感じていただけると思います」と、西田部長は力を込めます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ