老後

高齢で貯蓄のない両親、「親の介護」はいくらかかる?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、貯蓄のない両親の介護費用について悩んでいる43歳男性。もしもの時のためにいくら備えておけばいいのでしょうか。FPの飯田道子氏がお答えします。

親の介護に備えて、いくら貯めておくべきなのでしょうか。事情により、両親ともに貯蓄はほぼありません。二人とも70歳を超えていますが、今もパートで働き、月数万円ずつの収入にプラスして年金があります。月の収支はトントンです。両親ともにまだ介護の必要はないのですが、すでに高齢でいくつか持病も抱えているため、いずれ介護が必要になるかもしれません。もしもの時のために、いくら備えておけば安心でしょうか。

<相談者プロフィール>
・男性、43歳、未婚
・職業:私立大学教員
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の手取り金額:30万円
・年間の手取りボーナス額:110万円
・毎月の支出目安:16.5万円

【支出の内訳】
・住居費:4.8万円
・食費:4万円
・水道光熱費:0.7万円
・教育費:なし
・保険料:0.2万円
・通信費:0.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:2.5万円
・その他:3.8万円(奨学金の返済3万円を含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:13.5万円
・現在の貯蓄総額:1285万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:488万円(第一種奨学金)

飯田: ご両親の介護に備えて貯蓄したい相談者様。ご両親2人分の介護を想定すると、貯蓄額はいくら必要なのかを知りたいとのこと。

相談者様の場合、どれくらいの貯蓄しておくべきなのか? そもそも介護の費用はどのように捉えるべきなのかを考えてみたいと思います。

無駄のない家計は立派だけど…

まず相談者様の支出から確認していきたいと思います。手取り金額30万円でありながら毎月の貯蓄額13.5万円は、とても立派です。支出内容を確認しても無駄がありません。というか、無駄がなさすぎるくらいです……。

ご両親のことを考え貯蓄に励まれているのだと思いますが、相談者様自身に使っている様子がないのですが、無理はしていませんか? もし、取り組んでみたいことがあるのなら、その費用を支出の予算として計上しておいてください。

介護はお金だけでなく、精神的にも負担が大きくなります。自分の楽しみを持つことは大切です。ぜひ、その分を除いた金額を貯蓄に回すようにして欲しいなと思います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ