生活

スペインの軽減税率、店内で飲むビールが安上がりな理由

30年以上前から導入済み

日本でも10月1日からスタートした、消費税の軽減税率制度。新しい制度ということもあり、商品を売る側にも買う側にも様々な戸惑いがあるようです。一方、ヨーロッパでは軽減税率導入は進んでいて、例えばスペインは30年以上前からを採用しています。

とはいえ、制度の導入当初からスペイン国民に受け入れられたわけではなく、適用される税率をめぐり様々な議論が巻き起こってきました。今回の記事ではスペインの軽減税率のシステムと、この制度のスペインでの歴史について取り上げます。


スペインの軽減税率は3種類

スペインで日本の消費税にあたる税金は、付加価値税(IVA)と呼ばれます。このIVAに軽減税率のシステムが採用されています。

大きく分類すると、スペインのIVAの軽減税率は以下の3種類に分類されます。
・税率21%のIVA General(一般付加価値税)
・税率10%のIVA Reducido(軽減付加価値税)
・税率4%のIVA Superreducido(超軽減付加価値税)

スペインの3種類のIVA税率の商品をまとめてみると、目を引くのはアルコール飲料のIVAが21%ということ。日本と比べてワインやビールの価格が安いスペインですが、それでもその価格の21%は税金なのです。

10%の税率が適用されるのは、主に農産物関係・住居関係・交通費関係・宿泊および外食費・レジャーなどに関する消費です。

一方、主に生活必需品や医薬品などの生活必需品には4%の税率が適用されます。ちなみに、医薬部外品と日本で呼ばれている商品、例えば虫除けスプレーや日焼け止めなどにも、4%の税率が適用されています。

○○○スペイン国税庁の資料より筆者翻訳

「外食」「持ち帰り」で税率は同じ

日本でも、今回の消費税改訂の論点のひとつとなった「持ち帰り問題」。日本では、レストラン内で食べるときの消費税の税率(10%)と、持ち帰りにするときの消費税の税率(8%)は、それぞれ異なっています。

しかしスペインでは、レストランでの食事のIVAは常に税率10%。レストラン内で食事を食べても、テイクアウトして外で食べても、この税率に変化はありません。また、ビールなどのアルコール飲料も、レストランでは同じ10%税率です。

スペインの町中で頻繁に目にするバール(BAR)では、飲み物を頼むことはもちろん、簡単な食事ができるところも少なくはありません。そのようなところでも、やはりIVAの税率は10%。スペイン名物のボカディーリョ(フランスパンのサンドイッチ)を、バールの中で食べても、持ち帰りにしても、支払う価格は一緒なのです。

スーパーで買うより外飲みが安上がり

しかし、スペインのバールでは「ご注文の品物は、このバール内でお飲みください」と書かれた張り紙を、よく目にします。こうした張り紙は、特にバールで最も消費される飲み物である、ビールやワインの消費について注意を促すものです。

というのも前述の通り、バールで飲むアルコール飲料のIVA税率は10%です。しかし、例えばスーパーマーケットなどでビールを購入した場合、そのIVA税率は21%となります。つまりバールで買ったビールを家に帰って飲んだほうが、金額的には安上がりになります。

もしこの方法が認められてしまうと、スペインの小売業の活動を圧迫する可能性があります。そのため、スペインではバールで購入したアルコールはバールの中で消費する必要があるのです。

スペインのIVAは内税方式

なお、スペインのIVAはすべて内税方式です。基本的には値札に書いてある金額を支払えば、IVAも同時に支払うことになります。

ただし、スペインのホテルでの宿泊やレストランでは、料金表にIVAを含まない価格を掲載しているところも少なくありません。スペインを旅行するときには予約時にIVAが含まれた金額かどうか、確認したほうがよいでしょう。

レシート

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ