趣味

東京モーターショー参戦、BMW アルピナが仕上げたスポーツ・ディーゼルの絶品味わい

「BMW M」との明確な棲み分け

ニコルレーシングジャパンが日本で展開する「BMWアルピナ」。今回の東京モーターショーでは多くの輸入車メーカーが出展を見合わせる中、しっかりと今年もブースを設けてワールド・プレミア1台、ジャパン・プレミア1台などのニューモデルを展開し、相変わらず存在感を示していました。そんなアルピナの中から今回テストしたのはスポーツ・ディーゼルを搭載したSUVのXD3です。


ハンドメイドの緻密さが生み出す一級品

今回の東京モーターショーにも「BMWアルピナ(以下、アルピナ)」は出展し、数少ない輸入車ブランドのひとつとして存在感を示していました。これでアルピナは東京モーターショーに1987年の初出展以来、17回連続で一度も欠席することなく、皆勤となっています。この少数生産のブランドを日本に広めたのが、現在も総代理店を務めている「ニコルオートモビルズ(以下、ニコル)」です。

ではなぜ、アルピナは日本を大切にしてくれるのでしょうか? アルピナがドイツのメーカーである事も含め、あまりご存じない方も多いかもしれませんので、簡単に説明します。

まずはアルピナですが1965年にドイツで設立されたメーカーです。当初はレーシング・チューナーとして活動していましたが、後にBMWのクルマをベースにした高度なエンジニアリングとハイ・エンド・モデルの製造を行うようになりました。そのクルマ作りはまさに手作りの丁寧さと高い技術力によってアルピナ風味が加えられていきます。もちろん大量生産は出来ませんから、毎年1,200~1,700台あまりが製造可能な範囲と言えます。そして送り出される車両は、ベースとなったBMWからは車体番号が消され、アルピナ固有の車体番号が新たに刻印されるのです。

もちろんそれは公式に登録された自動車メーカーで製造された製品であることを証明している事になります。そして少々珍しいのですがBMW社との関係はすこぶる良好と聞きます。

両社で連携した物流システムを作り上げ、アルピナ車の多くはBMWのネットワークを通じても販売されるのです。このBMW社とのパートナーシップは、自動車業界でも独特の形態と言われています。

アルピナXD3ビターボ。派手さはありませんがホイールやエアロパーツ類で、並のBMWではない雰囲気が漂います。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ