趣味

マイカー購入はローンを組むか、運用資産を崩して一括か?

FPの家計相談シリーズ

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、車の購入を考えている26歳の男性。欲しい車を手に入れるためにローンを組むか、投資に回しているお金を切り崩して一括購入するかで悩んでいます。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFP秋山芳生氏がお答えします。

車の購入をする場合に、一括で購入すべきか、ローンで購入をすべきか悩んでいます。投資に回しているお金を崩せば、欲しい車を一括で購入できますが、その場合、投資額が著しく低下しリターンが見込めなくなるため、ローンを組んだ方が良いかと思い始めました。

現在、AIによる投資に400万円(利回り3~5%程度)、株式に100万円を投資しています。いずれも、長期的に運用するつもりです。AI投資の方は手続きをすれば、数日のうちにお金を引き出すことが可能です。ちなみに将来、結婚する予定はありません。

<相談者プロフィール>
・男性、26歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:24万円
・年間の手取りボーナス額:148万円
・毎月の世帯の支出目安:16.5万円

【支出の内訳】
・住居費:5.3万円
・食費:3万円
・水道光熱費:0.6万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:0.7万円
・車両費:0.5万円
・小遣い:3万円
・日用品:0.5万円
・その他:2.9万円

【現在の資産状況】
・毎月の貯蓄額:7.5万円
・現在の貯蓄総額:250万円
・現在の投資総額:500万円
・現在の負債総額:なし

秋山: 運用しているお金を取り崩して車を購入すべきか、ローンを組むべきかというご質問ですね。ご質問いただきありがとうございます。

車は資産になる?

現在5千円ほど自動車関連の費用がありますが、カーシェアリングやレンタカーを利用されているのでしょうか? 今回は、自分の車は持っていないが新たに購入を検討しているという前提で回答していきたいと思います。

住んでいる環境や家族構成などによって車の必要性が変わってきますが、「本当に車が必要なのか?」「乗る頻度は月にどれくらいなのか?」がしっかりイメージできていないと、「買ったけれど結局乗らなかった……」「タクシーを使った方が安上がり……」ということもあるので注意が必要です。

また車を「資産」だと考える方もいますが、ランニングコストがかかる上に、売却の際に価格が下がっていることが多いので、費用がかかる「負債」となることを意識してください。

それでも「車が必要!」ということでしたら、車を買う場合にどうしたら良いかという視点でお答えしていきたいと思います。

金持ちのほとんどは中古車を購入?

車の購入費はいくらを想定しているのでしょうか? 現金が250万円あり、現金では足りない分を投資から切り崩して出そうと考えているのであれば、高額な車の購入を考えてらっしゃるのだと思います。

車の購入は、新車か中古車によって値段が大きく異なります。新車は「新車プレミアム」がのっていると言われ割高になりますが、買った瞬間に中古になるので価値が下がりやすいです。リセールバリューを考えても、新古車や中古車のほうが価格が下がりづらいと言われています。

「億万長者で最新モデルの車を買うのは4分の1以下である」

この一節はトマス・J・スタンリーとウィリアム・D・ダンコが、アメリカの億万長者を調べた名著『となりの億万長者』からの引用です。本著によると、金持ちのほとんどが新車を購入せず中古で済ましていると言われています。資産を増やそうとしているのであれば参考になされてはいかがでしょうか。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ