キャリア

フリマアプリに「PayPay」参戦、王者「メルカリ」はどう迎え撃つ?

先駆者の余裕か、それとも…

利用者の拡大が続くフリマアプリ市場に、10月からヤフーが「PayPayフリマ」で参戦しました。オークションサイト「ヤフオク!」で圧倒的なシェアを誇る同社の参入により、フリマアプリをめぐる構図が変わるかどうかが注目されています。

そうした中で、メルカリが11月7日、2019年7~9月期の連結決算を発表しました。競合の参入が相次ぐフリマアプリ市場の現状をどう見ているのでしょうか。決算説明会の内容からひも解きます。


競合出現は「初めてのことではない」

今や、フリマアプリの代名詞のような存在となったメルカリ。国内事業の直近の月間アクティブユーザー数(MAU)は前年同期比28%増の1,450万に上ります。流通総額を示すGMVは1,268億円と、同28.1%の伸びとなっています。

このように、現在は「メルカリ一強」とも言える状態のフリマアプリ市場ですが、10月にヤフーが決済サービス「PayPay」の名を冠した「PayPayフリマ」で参入。期間限定で出品者の送料無料や、20%還元キャンペーンを展開し、認知度を高めています。

一部のSNSでは「アプリの画面がメルカリを意識したものでは?」と話題になるほど、なりふり構わぬ攻勢ぶり。オークションサイト「ヤフオク!」で圧倒的なシェアを誇るヤフーの参入に対し、メルカリも安穏としていられないように思われます。

PayPayフリマPayPayフリマ発表会の様子

しかし、決算説明会で競合の参入について質問された長澤啓CFO(最高財務責任者)は、「初めてのことではない」と冷静に切り返します。

今までもさまざまな企業がフリマ事業に参入してきましたが、出品手数料が安いフリマアプリが登場した後でも、メルカリのほうが高い成長率を保ってきたと説明。具体的なサービス名は口にしませんでしたが、販売手数料を3.5%に設定している楽天の「ラクマ」を念頭に置いた発言だと思われます。

そのうえで、フリマアプリ市場について「1つのプラットフォームでネットワーク効果が回ると、お客様が離れにくくなる。ユーザーは在庫のあるところで買いたい。単に手数料ではないのがC to Cの特徴」(長澤CFO)と分析してみせました。

出品強化のため「売ることを空気に」

前年同期は「ユーザーの購入を活性化させること」に広告宣伝費をかけていましたが、2019年7~9月期は「出品の活性化」に力を入れています。その理由は、購入にバランスが偏ると、在庫が過度に減ってしまうため。中長期的な成長に向けて、来期以降はユーザーの出品を促すための広告宣伝費をさらに増やす計画だといいます。

3,600万人という潜在出品客数の獲得に向けて、メルカリはメインユーザー層である若い女性だけでなく、普段はPCのブラウザでサイトを閲覧する高齢者や、男性ユーザーも取り込んでいく方針です。

同社では、出品拡大のため「売ることを空気に」と掲げ、写真を撮るだけで相場や売れやすさがわかる機能「売れるかチェック」を開発したり、オフライン施策として「メルカリ教室」を実施しています。今後は、購入履歴をもとに、ワンタップで簡単に出品できる機能も提供予定です。

きゃりーぱみゅぱみゅ原宿竹下通りのクレープ店で「メルペイ」を使用する、きゃりーぱみゅぱみゅさん

ここで重要な役割を担ってくるのが、同社のスマホ決済「メルペイ」。メルペイの「あと払い(現・スマート払い)」サービスを利用したユーザーは、非ユーザーと比べてメルカリでの平均購入額が約10%増加しているといいます。メルペイとメルカリの利用を循環させることで、増やした出品を高速で回転させていく戦略です。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ