生活

モノとお金に頼った人間関係はやめよう、中川淳一郎氏の「プレゼント論」

良縁に恵まれ、出費も減る

先日、六本木の飲食店の半個室で食事をしていたのですが、隣はやたらと声のでかい女性2人組でした。話の内容から間違いなくキャバクラ嬢なのですが、延々と客の「ジジイ」の悪口と、男から貢がれた話、ホストに貢いだ話ばかりしていました。

「40万円のバッグ買ってくれたし、5万円くれたからヤッたわ」

男としては、プレゼントを贈ることで彼女の歓心を買い、あわよくばエロに持ち込もうという考えなのでしょう。正直、それまで店に何回も通い、そして高額のプレゼントを贈り、5万円を追加で払うという考えにはまったく理解できないのですが、今回考えたいのは「プレゼント」についてです。


意中のプレゼントをもらうコツ

私自身、女性にプレゼントをした経験がほぼないんですよね。学生時代、交際相手にクリスマスにマフラーを贈ったことは一度ありますが、それ以外はとんと覚えていない。多分ないんじゃないか。一方、自分もあまり物欲がないので、「何か欲しいものある?」と何度も聞かれ、「いらないよ」「でも何かあげたいの」と言われ、「そういえばデジカメがぶっ壊れたので、デジカメが欲しい」と言い、もらったことはあります。それ以外では「この人は『何が欲しい?』と聞いても『何もいらない』と言われるだけ」と相手も考え、以後何ももらったことはありません。

かくしてプレゼントとはあまり縁のない人生を過ごしてきましたが、よくよく記憶を思い出せば、友人にプレゼントをしたことはありました。NFLのニューオリンズ・セインツが好きな友人がいたのですが、以前ニュー・オリンズに行った時は迷うことなく彼のためにセインツのTシャツを買いました。たまたまバーボン・ストリートの土産物屋でシャツを見て「そういえば、あいつ、セインツ好きだったよな」と思い出し、買ったのです。それを渡すことを口実に久々に旧交を温めたのですが、これは喜んでもらえました。

あと、飲み会の時に北海道へ行くことをその場で話したら、そこにいた人から「六花亭のチョコレート買ってきてもらえますか?」と言われて買ったことはありますが、これはあくまでも「お土産」であり、「プレゼント」ではありません。でも、これもたいへん喜んでもらえました。

こうしてプレゼントについて考えを巡らしていると、そういえば自分は意外とプレゼントをもらっていた!ということに気付きました。贈ってくれた人の気持ちが非常に込められていることが分かるものばかりです。この時重要なのは、前述のセインツ好き男のように、自分が好きなものを普段から明言しておくことです。それは口頭でもいいですし、SNSでアピールしておくでもいい。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ