結婚

彼女はいないけど…将来結婚するなら“男として”いくら貯めるべきか?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、実家暮らしの28歳の男性。いまはまだ彼女はいませんが、将来結婚すると考えた場合、“男として”貯蓄はいくらあるといいのでしょうか。FPの氏家祥美氏がお答えします。

28歳の会社員です。まだ彼女はいませんが、この先、好きな人ができたときに将来のことを考えると、男性の私はどの程度を貯めておけばいいのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・男性、28歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:親の家で同居
・毎月の世帯の手取り金額:20万円
・年間の手取りボーナス額:8万円
・毎月の世帯の支出目安:17万円

【支出の内訳】
・実家に入れているお金:6万円
・食費:3万円
・水道光熱費:なし
・教育費:1万円
・保険料:なし
・通信費:0.8万円
・車両費:なし
・お小遣い:4万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:260万円
・現在の投資総額:28万円
・現在の負債総額:なし

氏家: 今回は、28歳の男性会社員の方からのご相談です。将来の結婚を視野に入れて、男性としていくら貯めておくべきか、というご質問にお答えします。

誠実な人柄が感じられる家計

ご相談者さんの家計を拝見すると、誠実なお人柄が伝わってきます。

現在、親と同居されていますが、20万円の手取り月収のうち毎月6万円をご実家に入れています。実家で食事や洗濯などの家事も頼れるとはいえ、手取り月収の3割に相当する6万円をきちんと実家に入れている人はそう多くはありません。ご両親のことを思いやれる誠実な人柄が伝わってきます。

そのうえで、月収の15%に当たる3万円を毎月貯蓄されています。現在の貯蓄額は260万円ですから、3万円ずつ貯めた貯蓄は、途中で大きく取り崩すこともなく、堅実に貯めてきたことが見受けられます。いまのペースで行けば、30歳時点で300万円は超えそうなので、貯蓄のペースとしてはちょうどいいと思っていいでしょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ