結婚

借金魔の夫と2度の復縁、ダメだと思っても続く夫婦のカタチ

お金と男と女の人生ルポ vol.15

自分が夫をダメにするのか、あるいはもともとダメな男なのか……。一緒になるたびうんざりするのにまた復縁してしまうと苦笑しながら話してくれた女性がいます。


結婚した時点で300万円の借金が

大学を卒業して入った会社で、3歳年上の彼と知り合い、恋に落ちたノリコさん(37歳)。まじめでとてもいい人だった彼を親も気に入り、婚約までしたのですが、そこに現れたのが学生時代の先輩であるマサキさんでした。

「マサキは学生時代から、ちょっとアウトロー的な不思議な雰囲気をもった人でした。久々に再会してみたら、友人と起業して楽しくやっている、と。デートに誘われ、おしゃれなレストランやバーをはしごして、気づいたら彼のマンションにいました。とにかく楽しかったですね。私、婚約しているのにと言ったら、オレと結婚しようって言われて」

そのままマサキさんのマンションに棲みついてしまったノリコさん。婚約を破棄し、親からは絶縁され、それでもマサキさんと一緒にいるのが楽しかったそうです。

「27歳で妊娠、そこで初めて婚姻届を出しました。届を出して、さて、これからどうやって結婚生活を送っていこうかと思い、彼と話したんですが、その時点で彼、300万円もの借金があったんです。返せるから大丈夫というんだけど、それは起業とは関係ない個人の借金。もしかしたら金銭感覚がアブナイ人かも、と思いました」

ノリコさんの予想は的中していました。会社は経理担当者がいるし、共同経営者もしっかりしているのですが、彼個人は常にどんぶり勘定、仲良くなるとすぐ大盤振る舞いしてしまうというタイプだったのです。

「子どもも産まれるんだし、きちんと家計を見直そうよと言ったんですが、そういうことを考えるのが苦手みたいで、『任せるよ』って。とはいえ、彼からはろくに生活費も入ってこないんですよ。家計を見直す以前の問題でした」

彼は「アリとキリギリス」における典型的なキリギリスタイプ。お金があればあるだけ使ってしまうし、なければないで使ってしまうのです。結果、消費者金融やカードローンの催促がどんどんやってくることになっていきました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ