消費税率が8%から10%に引き上げられて約3ヵ月。キャッシュレス決済によるポイント還元制度の導入がありましたが、消費マインドの冷え込みは続いており、いまだに回復する兆しが見えません。

年末年始はお年玉、帰省の交通費、おせち料理など出費が重なるシーズン。消費増税は、これらにどのような影響を与えるのでしょうか。


おせちの品数・ランクを落とす声が多数

全国スーパーマーケット協会が12月20日に発表した調査によると、消費増税後の消費についてスーパー業者の約4割が「想定よりも悪い」と回答。今後の消費回復についての予想も、「しばらく回復しない」が6割を超えています。

また、経済産業省が27日に発表した11月の商業動態統計(速報)でも、小売販売額は前年同月比2.1%減と2ヵ月連続で減少しています。増税後、消費がなかなか回復しない様子がうかがえます。

こうした中で増税後に初めて迎える年末年始。ONE COMPATHの運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」が実施した意識調査によると、消費増税後の年末年始の出費について「影響がある」「やや影響がある」と答えた人が70.6%に上っています。

特におせち料理は品数やランクに影響があるようで、「おせちの品数を減らす」(50 代)、「おせちのランクを下げる」(30 代)という声が多くあったそうです。この調査は同サービスのユーザーである既婚女性8,759人を対象に実施したもので、増税後のお金のやり繰りに苦心する主婦の生活が浮かび上がります。

おせち料理はどこでどんなものを購入?

増税の煽りを受けそうなおせち料理ですが、どのように用意するのかについても、同調査で質問しています。「一部を作り一部を購入予定」が最多の34.2%で、「すべて購入する予定」が12.1%、「すべて作る予定」が4.3%という結果に。一方、「作らないし購入もしない」が37.6%、「わからない」は11.7%となっています。

購入予定の人におせちの購入場所について聞くと(複数回答)、70.1%が「スーパーマーケット」と回答。次いで「百貨店・デパート」(18.0%)、「インターネット販売」(12.6%)という順になっています。

この結果について「重箱詰めおせちのセットが主流ですが、伊達巻や栗きんとん、数の子など食べたいものを単品購入するニーズも増えているため、気軽に購入できるスーパーマーケットが重宝されていると思われます」と、同調査では分析しています。

一方、インターネット通販でおせちを購入する人も増えています。楽天の発表によると、楽天市場のおせち関連商品の売り上げは、2018年は2年前に比べて約1.2倍に成長しているそうです。

2018年の販売実績は冷凍おせちが8割以上を占め、冷蔵を大きく上回っています。作りたてをすぐ冷凍しているため日持ちするのが好評で、「三段重」「3〜4人前」「1万円〜1万5,000円」が人気のラインナップといいます。