一昔前の缶コーヒーのテレビCMのイメージとして思い浮かぶのは、働く男性が一息つく場面。しかし、ペットボトルコーヒーの登場以後、そんなイメージが覆りつつあります。

日本コカ・コーラが展開する「ジョージア」ブランドから生まれる新商品がターゲットに据えるのは、20代前後を中心とした「カフェネイティブ世代」。「ジョージアらしくない」仕上がりになったという同商品は、従来品とどう違うのでしょうか。


ペットボトルのカフェラテは「味が薄い」

同社が3月30日から販売を始めるのは「ジョージア ラテニスタ」。まろやかなコクの「カフェラテ」と、ほろ苦いコクの「ビターラテ」の2種類を展開します。希望小売価格は139円(税別)。サイズは280ミリリットルと小型です。

マーケティング本部コーヒーカテゴリーの福江晋二バイスプレジデントによると、学生時代からチェーン系のカフェに慣れ親しんでいる「カフェネイティブ世代」を狙った商品だといいます。

ジョージア

この世代に調査すると、カフェで飲むカフェラテはミルク感がたっぷりで本格的というイメージがあるのに対し、ペットボトルの商品は「味が薄い。水っぽい。ミルクより甘さが立つ」という声があがったといいます。

「カフェネイティブ世代は、コーヒー豆や焙煎がどうというより、気分に合わせたミルク感を味わえるかが重要です」(福江バイスプレジデント)

ジョージア

そこでジョージア ラテニスタでは、独自開発した「ミルクブースト技術」を採用することで、従来品と比較して3倍の「ミルク感」(脂肪量)を実現。福江バイスプレジデントは「カフェで飲むものにかなり近づいた」と自信をのぞかせます。