日本車も含め、激戦のコンパクトSUV市場。そこにドイツから強力な1台が参戦してきました。フォルクスワーゲン Tクロス。いったいどんな魅力を武器に戦いを展開するのでしょう。その素顔をチェックしてみます。


SUVの末弟

小さくて可愛らしいクルマには、どこか心をウキウキさせる魅力があります。持って生まれた可愛らしさ、どこでも入って行けそうなストレスフリーの運転感覚、そしてお財布に優しいエコノミー感など、どこかホッとさせる安心感がそうさせるかもしれません。

日本車の得意とするこんなコンパクトSUVですが、このクラスは世界的にも激戦を極めているマーケットです。強力な個性を持ったクルマが世界中のメーカーから登場し、小さなクルマが持っているほのぼの感が吹き飛んでしまうほどの「熾烈な販売戦」を繰り広げています。

そんな市場にフォルクスワーゲン(以下、VW)は自社で一番小さなSUV「Tクロス」を投入してきました。小さいとはいえ、中身は質実剛健が売りのVWですから、カチッとした走りとVW独特の走りに期待できます。

さっそく試乗テストです。実際に見ると、クラスとすればポロと同じなのですがサイズを比較するとポロより全長も全幅も、そして当然全高もTクロスは大きいのです。そのためもあるのですが、それほど小さく見えないのです。やはり車高が上がっていることで押し出し感が強くなっていて、大きく見えるのだと思います。

デザイン的にもフロントやリアも水平基調のデザインでワイド感が表現されているために、実寸以上の存在感を感じると思います。ただ、小さいクルマは小さく見えてくれた方が個人的には“らしくていい”のです。

水平基調の伸びやかなデザインで、実際のサイズ以上に大きく見えます

でも室内に注目点を移すと話は変わります。見た目以上に広いとか、使い勝手が良かったとか発見すると、なんかとっても得した気分になって嬉しいものです。ボディサイズの数値を見ると実際はそれほど大きくないのですが、乗り込んだ室内広々……、とまでは言いませんが、予想以上に広いと思いました。実際にこれも車高が高いSUVならではの効用で、ポロより目の位置も高くなっていて開放感を感じているからだと思います。

そしてもう一点、トランクなのですがスクエアで床もフラット。リアシートの背もたれを倒すせばかなりの広さのスペースを確保できて、SUVのような週末利用の多いクルマには助かります。

通常でも広いトランクだが、後席の背を倒すとさらに広く、段差のない床が出現

カタログデータによるとトランクの最小容量は385Lで、リアシートを倒せば、なんと3倍の1281Lまで拡大します。デッドスペースの少ない、とても使いやすい荷室で、キャンプやフィッシング、ホームセンターでの買い物などで重宝しそうです。

それにしてもいつもながらインテリアの素材感が上質で、プラスチックのぺなぺなした感じは微塵も感じはありません。確かに同クラスの国産車との比較では価格が高めで、言ってみれば高級ですが、それでも、VWはこの作り込みの良さは魅力だと思います。

ダッシュボードは縦のラインを細かく刻んだデザインでスポーティ感を演出