全国各地にある注目ホテルの魅力を深掘りする連載。今回は観光エリアとしても最近注目されている徳島県・鳴門のリゾートホテルです。


大阪からバスで3,000円

東京に在住していると四国は遠いイメージを持ちます。空路でのアクセスが一般的でしょうし、新幹線なら岡山で在来線に乗り換え、瀬戸大橋を渡って辿り着けるエリアという印象。ところが、関西在住の友人に言わせると「四国、中でも徳島はとても行きやすい」といいます。

2

もちろん地図を見れば隣ということはわかりますが海をはさんでいますし、徳島なら飛行機を使う距離でもなさそう。反面、鉄道ならかなり遠回り。友人に言わせると「大阪から徳島なら高速バスの利用がすこぶる便利」とのこと。明石海峡大橋を渡り淡路島を通過するルートは早くて安いといいます。

1

大阪からはバスのアクセスで意外に近い四国の玄関

早速調べてみると徳島・鳴門までなら約2時間、片道2,000円ほどでアクセスできることがわかりました。さらに調べてみると鳴門の海に面したリゾートホテルへ直行するバスがありました。しかも往復で3,000円。宿泊もリーズナブルに予約できたことで、大阪仕事のついでにホテルリサーチも兼ねて足をのばしてみることに。

あれは外資系ホテル?

3

徳島をはじめ四国へは何度も出向いたことはありますが、東京からなのでほとんど飛行機。バスの高い位置から望む明石海峡大橋や大鳴門橋からの眺望は新鮮で感動的。快適なバスのシートに眠くなるかと思いきや、絶景の連続に眠くなる暇もなくアッという間の四国入りとなりました。

高速を降りて海岸線を走ると見覚えのある大きなホテルが迫ってきました。目的のホテルのようです。あれ?ルネッサンスホテルではないだろうか。鳴門のルネッサンスホテルへはあいにく出向いたことはありませんでしたが、ホテルの前は何度か通ったことがあるのでなんとなく覚えていました。バスがホテルへ入っていきます。

到着し看板を見て確信。荷下ろししていたスタッフに聞くと、ルネッサンス リゾート ナルトが2019年4月にリブランドして「アオアヲ ナルト リゾート」という名称に変わったとのこと。予約する際、初めて聞く面白い名称のホテルという印象がありましたが着いて納得しました。