はじめに

アウディの末弟として旧型モデル時代から人気のコンパクトカー。今回はちょっぴりと大人の表情と元気いっぱいの走りを携えて、小さいクルマ好きのために登場したアウディA1スポーツバック。全身にたっぷりと詰まったアウディらしさとはいったいどんな味わいでしょうか?


ボディカラーがいっぱい選べる幸せ

小さくてすばしっこい車が大好きな私にとって「あ、なんかこのクルマ、しっくりくるわぁ」と感じた1台、それはアウディのA1スポーツバックでした。

昨年の11月にデビューした2代目モデルは、旧型の可愛らしさを残しながら、どこか男っぽさという、大人な雰囲気を漂わせていました。小さいから可愛らしく、という雰囲気作りではなく“小さくてもキリッと、ちょっぴりワイルドに”といった感じで、今大人気の関取、炎鵬といいますか、一癖ありそうな感じがいい感じだったのです。

さっそく箱根で開催されていた試乗会に出掛けると、ずらっと鮮やかなボディカラーなどカラフルなA1スポーツバックが並んでいました。実は今回、ボディの色をティオマングリーン、パイソンイエローメタリックなどイメージをはじめとする全10色の設定としています。

1写真には10色全部は揃っていませんが色の選択肢が多いのは嬉しいポイント

これだけカラーバリエーションを用意すること自体、輸入車としては珍しいことです。小さいクルマにとって、ボディカラーというのはとても大切で、選択枝が多ければ多いほどそのクルマの“楽しさや存在感”を表現しやすくなります。一方で大きなクルマになればなるほど色選びの楽しさがどんどん失われていくのです。この色選びの楽しさも小さなクルマが好きな理由のひとつです。

そこで私が選んだカラーはちょっぴり渋さの入ったブルーでした。選んだと言いましたが、他のカラーはすでに選択されていて、一番欲しかったイエローにルーフが黒という仕様は、早く来ていたグループが先に選んでしまっていました。

といいつつも私に回ってきたカラーもなかなか大人っぽくていいのです。いや、むしろ今回の少しばかりキリッと締まったA1スポーツバックにこそ、この色が合うという感じでしょうか。見ているうちにどんどん“いいな、この色”という気持ちになってくるから不思議です。