子育て中のファミリーの大きな悩みの1つといえば、子どもの温度調節ではないでしょうか。冬場の保温はもちろん、夏場の猛暑をどうしのぐかは、多くの家庭で悩みの種となっています。

そんな課題を解決する一助となりそうな新商品が、今年の春夏シーズンに登場することになりました。炎天下の工事現場で働く人の必需品「ファン付きウエア」を製造するアパレルメーカー・空調服が、ファン付きのベビー用品を売り出すことがわかったのです。

育児用品で高い認知度を誇る「エルゴベビー」の販売会社とタッグを組んだという新商品は、どのような物なのでしょうか。2月7日まで東京都内で開かれている内覧会を取材しました。


「エルゴ」に付けるファン付きカバー

アパレルメーカーが冬に春夏のトレンドを予測した展示会を開くことは知られていますが、作業服や事務服を製造するユニフォームメーカーも同様の展示会を開きます。2月上旬は展示会のピークで、メーカーの中には華やかなファッションショーを開く企業もあります。

一般向けに販路拡大を狙う空調服は、今回初めて内覧会を開きました。会場の入り口付近には、カジュアルテイストのファン付きウエアが並び、一般向けを強く意識した構成です。

新商品の中でも来場者が次々に手に取っていたのが、会場中央に展示された、抱っこひもカバーとベビーカーシート。両方とも米国製抱っこひものブランド「エルゴベビー」の輸入総代理店のダッドウェイとコラボした新商品です。

空調服の広報担当者は「この夏のイチ押し商品の1つです」と、自信をのぞかせます。

空気を取り込み、気化熱で体を冷却

同社が販売するファン付きウエアは、腰の2ヵ所に付いた小型ファンから空気を取り込み、汗をかいた体の表面に大量の風を流すことで、気化熱で体を冷やす仕組みです。充電式のバッテリーで動き、最も強い風量で約8時間動きます。

抱っこひもカバーもベビーカーシートも、ウエアと同じ気化熱を利用する仕組みです。試しに赤ちゃんの人形を抱っこひもで抱いた状態で、カバーを付けてみました。カバーの下部にあるファンが空気を取り込み、抱っこした乳幼児の首元から外に排出されます。ファンはウエアと同じものを使っていますが、ファンが1つのためか、風の勢いはファン付きウエアよりも優しく感じます。

抱っこひもカバーは乳児の首がすわってから使える商品で、メッシュタイプの抱っこひもと組み合わせると、より涼しさを感じることができそうです。ベビーカーシートはベビーカーの横の部分に付けたファンから空気を取り込み、シートと背中の間に風を通します。

ベビーカーシート
炎天下の移動もこれで快適?

ファン付きウエアは充電式のバッテリーを使いますが、ベビー用品はバッテリーに加え、単3電池4本でも使用できます。風量は2段階で、「強」だと8.5時間、「弱」は44時間稼働します。春以降、全国のベビー用品専門店などで販売し、希望小売価格は1万3,000円(税抜き、以下同)です。

空調服の広報担当者は「ハンディファンを持ち歩くお母さんも見かけますが、持ち運びが大変ではないでしょうか。ベビーカーと抱っこひもに冷却機能を付けることで、子どもとお母さんの負担を最大限に減らしたい」と話します。