読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、マイホーム購入に踏み切れない45歳の主婦。未就学児の子ども2人を抱え、40代で住宅ローンを組むことに不安を感じているといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

40代での住宅購入に悩みます。結婚自体が遅く、40代で2人の未就学児を育てています。マイホームはいらないと言い続けていた夫が、ここ半年で持ち家志向になり、困惑しています。私はもともと、中古マンションを購入し手狭な賃貸から引っ越したいと思っていたのですが……。

4500万円の家を30年ローンで購入したとして、子どもの教育費、老後資金は大丈夫でしょうか? 私が自営業で先が見えない分、夫に意見しにくいところがあります。中古マンションに引っ越したいとは言ったものの、私自身は子どもたちをしっかり育てていければ、特に家にこだわりはありません。学資保険は300万円ずつかけています(上の子は払込済みです)。

いざ住宅購入となると不安に駆られ、相談させていただきました。

<相談者プロフィール>
・女性、45歳、既婚(夫:43歳、会社員)
・子ども2人:4歳、2歳
・職業:自営業(年収100万円ほど)
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:44万円
・年間の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出目安:38万円

【支出の内訳】
・住居費:6.8万円
・食費:7万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:2.5万円
・保険料:2.5万円
・通信費:2万円
・車両費:2万円
・お小遣い:8万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:6万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:160万円
・現在の貯蓄総額:2000万円
・現在の投資総額:200万円
・現在の負債総額:なし

渡邊: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。40代での住宅購入についてのご相談です。お子さまがまだ小さい中での40代での購入は不安を抱えますよね。将来の教育費、住宅ローンの返済、老後の準備とどうバランスを取っていくのかを考えなければいけません。

退職金は考慮せず、20年で返せる計画に

ご相談者の場合、今年住宅を購入するとして30年ローンを組むと、繰上げ返済しない前提だと73歳までの返済となります。また、下のお子様が大学を卒業するのが、ご主人63歳、奥様65歳となります。教育費を賄いながら繰上げ返済の計画を立てておかないと、リタイアした後、住宅ローン返済の負担が重くのしかかります。

ご主人の退職金制度がわかりませんが、20年先になってくると、確実に受け取れると想定するのもリスクなので、返済計画は退職金を考慮しないで考えた方が賢明です。お仕事をする期間を考えると、20年で返済を終えるペースでの繰上げ返済を考えておく必要があるでしょう。