はじめに

経済への波及効果

そのほか、自動運転は経済波及効果の点でも大きな期待がされています。現在、日本における自動車産業は、売上金額としても就業人口としても多大な割合を占めます。今後、自動運転の技術発展に伴って、自動運転に欠かせないセンサーやカメラ、地図情報など、さらなる異業種等の参入も見込まれます。

こうした技術は運輸・物流や農業、鉱業等といった分野への波及効果もあり、ベンチャー企業等のビジネスチャンス創出にもつながるのです。このように、日本の経済成長の点からも、自動運転に向けられる期待は大きいといえます。

自動運転の普及過渡期は、様々なレベルの自動車の混在交通となるので、道路を共有する一般の自動車や歩行者、自転車などとも連携が必要になります。今後、自動運転に期待される効果を最大限にするためには、消費者や社会とどう連携していくかがカギとなると考えられます。

この記事は参考になりましたか?