はじめに

迷うなら会社を作ろう

今振り返っても、あのタイミングで会社を作って良かった、としか思えません。設立から10年、経理を担当するY嬢に聞いたところ、そこそこの資産を弊社は持っているようで、「忙しいから……」と会社設立をためらってフリーのままでいたらここまでの資産にはならなかったと思います。

大量の税金を取られただけで終わり、セミリタイアをできる年も後倒しになっていたことでしょう。サラリーマンだろうがフリーランスだろうが「そろそろ起業した方がいいな」と考えた場合、さっさと行動に移した方がいいと思います。

その時に諸々の手続きの煩雑さから萎えてしまい、結局起業しないかもしれません。そういった時には「暇そうな学生」か「過去にサラリーマン経験がある子育てを大体終えた主婦」に頼むと驚くほど素晴らしい仕事をしてくれます。

私は弊社を作ってくれたあの慶應の学生さんに今でも感謝しております。本当に優秀でした。ちなみに冒頭で「資本金900万円」と書いたのですが、この金額にはあまり根拠はなく、すでに起業していた大学の友人から「資本金は900万円にするといいぞ」と言われてそうした、というだけです。深い理由はありませんし、彼になぜ900万円がいいのかは聞いておりません。それだけテキトーに会社を作ったのです。