「今日、私はとても緊張しております。業績の回復を期すために決意をしているわけですが、大勢の方々にご心配をおかけしました」――。2月26日に開催されたペッパーフードサービスの2019年12月期の決算説明会の冒頭、一瀬邦夫社長は神妙な面持ちで頭を下げました。

厳しい状況が続く「いきなり!ステーキ」を今後どう立て直していくのでしょうか。一瀬社長の口から飛び出したのは「原点回帰」という言葉でした。一瀬社長が思いを語った、決算説明会の一部始終をレポートします。


「いきなり!ステーキ」74店閉店

ペッパーフードサービスの8割以上の売り上げを占める主力事業である「いきなり!ステーキ」。2020年度中に74店を閉店することが、決算説明会で明らかになりました。すでに不採算の44店舗を2020年春までに閉店すると発表していましたが、さらに30店が加わった格好です。

いきなり!ステーキの店舗数は、2019年末時点で路面店352店、ショッピングセンター店141店の計493店。前年末から約100店舗増加しています。その一方、既存店売上高は2018年4月から前年割れが続いてきました。2020年度は新規出店を控え、既存店の売り上げや利益の回復に注力する方針です。

いきなり!ステーキ

既存店の売上不振からの脱却する施策として、まず実施するのが自社ブランド同士の競合が起こっている店舗の閉店。これにより、既存店舗の売り上げを回復させる狙いです。

大量閉店の決定に至った背景として、2019年度決算の悲惨な数字が影響しています。ペッパーフードサービスの2019年度の売上高は675億円(前年同期比6.3%増)だった一方、本業の儲けを示す営業損益は7,100万円の赤字(前年同期は38億円の黒字)と、大幅に悪化しました。

いきなり!オイスターは効果出ず

いきなり!ステーキでは2019年12月期にさまざまな施策を実施。目玉は、5月に一部店舗で開始したオイスターメニューの提供でした。一瀬社長がアメリカのステーキレストランを見てインスピレーションを受けて開始したものです。しかし「喜ばれて客単価も若干上がったが、業績を大きく押し上げることにならなかった」と、一瀬社長は振り返ります。

○○○

また、子供連れやお年寄りなどファミリー層が訪れるロードサイド店では、対面で会話しやすいようにと、ローテーブル・フラット化を51店舗で実施しました。これも「結果的に売り上げはほとんど改善されなかった。ファミリーの方が喜ぶということはございませんでした」(一瀬社長)

ほかにも、メニュー改定やディナーの時間帯の定量カット導入など、テコ入れをしてきましたが、大きな売り上げの改善にはつながりませんでした。

一瀬社長はいきなり!ステーキの不調の原因を「いきなり!ステーキらしさとは何なのか。次から次に施策を打った結果、道に迷ってしまった。同業他店もどんどん増え、業績が悪くなると、さらにメニューを増やしてきた。これが悪循環になっている」と分析します。