サンドイッチコーナーでイチゴサンドを見かける機会が増えてきました。カスタードクリームと生クリームのWクリーム、とってもおいしいですよね。カスタードクリームは難しいイメージがありますが、お鍋ひとつで簡単に作れるのです。手作りのカスタードクリームは優しい甘さで苺と相性抜群です。

前日の夜に作って翌日の朝カットして食卓に並べれば、子供も大人も大喜び。朝の時短にも繋がります。手作りしてみてくださいね。


「Wクリームのイチゴサンド」材料(3~4人分)

カスタードクリーム

材料 分量
牛乳 200ml
卵(全卵) 3個
薄力粉 大さじ1
砂糖 50g
バニラエッセンス 適量
材料 分量
サンドイッチ用食パン 6枚
生クリーム 100ml
砂糖 10g
15粒

作り方

1. カスタードクリームを作る。鍋に溶いた卵(全卵)、牛乳、砂糖、薄力粉を入れホイッパーでよく混ぜてから火をつける。(弱火)焦げないようホイッパーで混ぜながら煮る。とろみがついたら一度火を止め、バニラエッセンスを香りがつくよう数滴垂らし、再び火をつけ好みの固さになるまで混ぜながら煮る。火を止め粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。

2. ホイップクリームを作る。ボールに生クリーム、砂糖を入れハンドミキサーで固めのクリームを作る。

3. 食パンにカスタードクリームを塗り、その上にホイップクリームを塗る。

4. 食パン3枚に、苺を写真のようにクリームに押し込むように並べる。残り3枚の食パンを被せてラップを巻き、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

5. パンを対角線にカットして完成。

おいしく作るポイント

・食パンはきめの細かい「サンドイッチ用」を使う事をお勧めします。
・カットする際包丁にクリームがついたら、その都度お湯で洗って下さい。手間がかかりますが、綺麗にカットするコツです。

レシピ/ akari
浦和「kurasu_life料理教室」主宰。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

(この記事はケノコトからの転載です)