旬の野菜の中から、一つの野菜をピックアップし、使い切りレシピをご紹介しています。

今回ご紹介する「焼長芋の梅サラダ」は、長芋をすりこぎでたたいた一品。包丁で切るのと違って面が多くなるので、味が染みやすくなります。ネバネバな野菜が苦手な娘も、この一品はさっぱりして、箸がすすむようです。たまには、野菜の調理法を変えてみると、お料理の世界が広がりますよ。


「長芋の梅サラダ」の材料(2人分)

材料 分量
長芋 200g
梅干 1個
醤油 小さじ1/2
海苔 1/4枚

「長芋の梅サラダ」の作り方

1. 長芋はひげ根があれば、ガスコンロで焼き切る。

2. 梅干は包丁でたたいてなめらかにする。

3. たて4等分に切ってからまな板の上に置き、すりこぎでたたいて一口大に割る。

4. ボウルに2、1、醤油を加えてよく和え、器によそる。

5. 手でちぎった海苔をのせる。

おいしく作るポイント

仕上げにかつお節の粉や、海苔のかわりに青のりなどをかけてもおいしくいただけます。かいわれ大根、きゅうりなどの緑のもの、わかめやちりめんじゃこなどの海のものを加えるのもオススメです。
【調理時間】10分

レシピ/越野 美樹
藤野料理教室にじ
野菜と乾物 藤野料理教室にじ主催。調理師。 忙しい毎日の献立に悩む方に、食事作りが楽しくなるようなレシピ提案をしています。

(この記事はケノコトからの転載です)