はじめに

靴修理などのサービスを手掛ける「ミスターミニット」が、メルカリの決済サービス「メルペイ」を3月4日から一部店舗で導入しました。コード決済サービスを導入するのは今回が初となります。

ミスターミニットは「スニーカー修理サービス」を2019年10月から正式メニューとして開始。メルペイの導入で、メルカリの抱える若年層ユーザーへのサービスの認知拡大を狙います。


メルカリに購入・出品する前に修理

国内で320店舗のミスターミニットを展開するミニット・アジア・パシフィック。靴やカバンの修理を手掛けるほか、時計の電池交換や印鑑作製、スマホ修理サービスなど、幅広いサービスを提供しています。

同社の菅原聡・経営戦略室長はメルペイ導入の経緯について、「モノを長く大事に使う文化が双方同じ。ミスターミニットはリペアして長く使い、メルカリはシェア・交換して長く使う。メルペイのテクノロジーを活用して、できるだけ長くモノを使う世の中に貢献できれば」と語ります。

○○○

菅原室長によると、メルカリの利用者がミスターミニットを訪れ、スマホの商品画面を店頭で見せて「これ直せますか」と聞く例が増えています。こうしたユーザーは、購入前に商品が修理可能かどうか判断してから、メルカリで実際に購入するかどうかを決めているといいます。

一方、出品前に訪れる利用者も多いそうで、時計の電池交換が特に伸びています。「電池が動いていないとフリマアプリに出品できない」「壊れていないか確認したい」といった理由で持ち込むケースが増加。時計販売の個人店が減少しているなどの理由もあり、2019年の時計の電池交換の売り上げは、3年前と比較して3.4倍に成長しました。

メルカリでは商品の説明欄に「お直し済み」「クリーニング済み」などのキーワードを入れて出品する件数が増加しており、メルカリユーザーのリペアサービスに対する需要の高さがうかがえることから、今回のメルペイ導入に至ったようです。