はじめに

新型コロナウイルスはさまざまなところに影響が出ています。見えにくいかもしれませんが、男女関係にも影響が及び、デートがままならないカップルもいるし、この病気に対する考え方の違いからケンカが絶えないカップルも。


お金がなくてイライラしている彼

同い年の彼と一緒に住み始めて1年足らずのアズサさん(31歳)。彼女は中堅企業の正社員、彼はイベントなどを運営する会社の非正規職員です。つきあって2年、そろそろ結婚も視野に入れていたといいます。

「ところがコロナウイルスのせいで、彼はほとんどすべてのイベントが中止になって自宅待機。私は週の半分くらいテレワークという状態です」

もともと彼が住んでいた1LDKのマンションで同居を始めました。彼女は残業もけっこうあったし、彼は仕事柄、出張も多く、多忙になると数日間は帰ってこられないような状態。だから1LDKにふたりで暮らしていても、あまり閉塞感を覚えない住環境でした。

「でも今はダメです……。家で仕事をしているとき、私はリビングを使っていますが電話もしにくい。彼は暇すぎて、寝室でゲームをやっているか寝ているか。気力もなくなっているんでしょうね、何日もお風呂に入ろうともしないから臭くていたたまれない。近所のファミレスで仕事をしようと思ったら、そこは子連れのママさんがたくさんでやはりうるさくて」

最初のうちこそ、状況がよくなったらこんなイベントをやりたいと企画を口にしていた彼ですが、今はもはやそういう気概もなくなりつつあるようです。

「私が出社して帰ってきても、家は真っ暗。出かけたのかなと思うと寝てる。そんな彼を見るのはつらいです。誰もが苦しい状況なのだから、せめて簡単でもいいから夕飯でも作っておいてくれれば話も弾むかもしれないのに」

仕事が大好きだった彼にとっては、何もできない状態がつらいのでしょうが、彼女の言うことにも一理あります。こんなときこそ、せめてふたりで仲良く食卓を囲み、今後の楽しい噺をしたいものではありませんか。