新型コロナウイルスの世界的流行は止まることを知らず、世界の感染者は250万人を突破しました。また、WTIの原油先物が歴史的な大暴落を続けるなど、世界的には不安定な状況が続いています。

この混乱を先取りする形で世界の株式市場も2月の後半から急激な調整を強いられ、3月中旬に日経平均株価は高値から一時8,000円を超える暴落を記録しました。

しかし、3月23日からの3営業日で約3,000円の上昇を記録するなど急激なリバウンドをみせ、現在は1万9,000円台に位置しています。

この期間のセクター別の騰落率はどうだったのでしょうか。東証業種別株価指数(33業種)の3月18日から4月17日までの騰落率から、セクター別の強弱を見ていこうと思います。


強かったセクター

○○○

騰落上位セクターは医薬品、その他製品、保険業と、新型コロナウイルスにより業績への追い風が予想されるセクターが続きました。この期間のTOPIXの上昇率は13.5%であったのでかなりのアウトパフォームといえます。特徴的な銘柄をいくつかピックアップしてみます。

医薬品セクターではウイルス除去製品であるクレベリンを製造する大幸薬品(証券コード:4574)がウイルス対策関連として物色され、40%以上の上昇を見せたほか、時価総額7兆円を誇る中外製薬(4519)が上場来高値を更新するなど力強い銘柄が目立ちました。

保険業セクターでは、2020年3月期の連結純利益を92%下方修正した第一生命HD(8750)が20%超の上昇を見せたほか、「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは好調なオンライン生命保険の申込件数が好感され、40%超の上昇を記録しました。
 

弱かったセクター

○○○

騰落率下位のセクターは空運業、鉄鋼業、その他金融業となりました。騰落上位セクターとは対照的に新型コロナウイルスにより悪影響の大きいセクターが顕著に伸び悩む形となりました。特徴的な銘柄をいくつかピックアップしてみます。

空運業では、世界的な移動制限の大打撃を受けているANAHD(9202)が下げ止まらず10%以上の下落でした。金融機関に1.3兆円の融資を求めており、資金繰り懸念が生じているほか、例年稼ぎ時であるゴールデンウイークも自粛が続くことが確実となり、厳しい状況が続きます。

2番目に弱かった鉄鋼業は、米中貿易摩擦の影響から新型コロナウイルスによる需給ギャップと逆風続きのセクターです。中でも大幅な下方修正を発表した日本製鉄(5401)とJFE(5411)の株価が、1倍を目安とするPBRで0.2倍をつけるなど低迷を続けています。

3番目に弱かったその他金融業は航空業界の落ち込みが波及し、航空機リースが打撃を受けていることからリース関連企業の下落が目立ちました。中でも優待銘柄として個人投資家にも人気があるオリックスは5%以上下落し、PBRも約0.5倍と低迷しています。