無償で家族を介護しているケアラーは、制度の網からこぼれやすく、さまざまな苦労を強いられています。

この3月に、埼玉県で全国初となるケアラー支援条例が成立したことは前進ですが、このコロナ禍によって、ケアラーの人たちもかつてない苦しい状況に身を置いています。

日本ケアラー連盟が実施した緊急アンケートの回答からは、その悲痛な声が浮かび上がってきています。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ