趣味

価格は約2億円 世界最高峰「ブリティッシュ・スポーツ」 が公開

マリナー・バカラルとマクラーレンELVA

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

世界中を新型コロナウイルスの閉塞感が覆っているときではありますが、浮世離れしたイギリス車2台の情報が届きましたのでお届けします。どちらも2シーターのオープンモデルであり、隅から隅までスペシャル感満載のモデルです。


世界で12台しかない超絶プレミアムカー

まずは英国の超高級ブランド、ベントレーと言うだけでもすでに特別ですが、なかでも特別仕様(ビスポーク部門と呼ばれる)などを手がける名門コーチビルダー「マリナー」製のモデルといえば、超絶スペシャルなクルマという存在です。

ここからは少し説明が込み入るのですが、このマリナーには旧い車をレストアする「クラシック」、ベントレーの市販モデルをベースに特別仕様車を制作する「コレクション」、そして世界に1台きりなどごく少数の特別仕様を制作する「コーチビルド」の3つの部門があります。今回はマリナー・バカラル(以下、バカラル)はその生産台数が全世界でわずか12台で、担当したのはコーチビルド部門になります。

ベースとなったのはコンチネンタルGTコンバーチブルで、価格は29,414,000円也。これでもすでにスペシャルですが、当然、バカラルは2倍どころかほぼ7倍の150万ポンド(約2億700万円)となり、思わず笑ってしまいます。ベースモデルと共通する部品はドアハンドルぐらいしかないというほど徹底して変更されます。つまり軽量なアルミニウムやカーボンファイバーをふんだんに使ったオリジナル開発のボディをもとに、さらに購入したユーザーと職人達がじっくりと話し合いながら、一台一台個別に仕様を決めていき、まったく新しいクルマを12台作る。当然のことですが贅を尽くそうと思えば天井知らずということになるわけです。

メーカーは古くから使われているバルケッタ(小さな小舟)という表現を使っていた

このスペシャルモデルのボンネットに収まるのは、親会社であるフォルクスワーゲングループの6LW型12気筒ツインターボエンジンです。最高出力659馬力、最大トルク900N・mという強烈なパワーは、8速デュアルクラッチ式トランスミッション、そしてアクティブ4WDシステムへと伝達されます。ベースとなったコンチネンタルGTに実際に乗ったときにですら「これほど乗りやすいスポーツカーはない」と感動したのですが、このバカラルの乗り味はどんなものでしょうか? 想像するしかないのですが、もちろん生涯乗る機会はやってこないと思います。そして、そのすべてはすでに売約済みです。

ちなみに車名のバカラルは、メキシコのユカタン半島にあるバカラル湖にちなんで命名されました。メーカーの説明によれば「現実離れした美しさで知られる湖」とのことです。クルマも現実離れしていますから、まずはぴったりなネーミングと言えます。そしてこのバカラル、コーチビルド部門が放つ第一弾として、本来ならば中止になったジュネーブショーで華々しく登場予定でした。結果としてその場を失ったわけですが、これだけスペシャルだと、どんな状況でも注目度は変わらないと思います。同時に、バカラルの次なるモデルに興味津々です。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ