現段階では首都圏の緊急事態宣言は継続中。まだまだ浮かれていられないことは百も承知の上で“少し自由に動けるようになったら乗ってみたいバイク3台”を考えてみました。


憧れのハーレーの入門モデル

新型コロナ禍の影響をもし吹っ切るとすればコイツしかないでしょう。最初に提案したいのはハーレーダビッドソンの「IRON(アイアン)883」というバイクです。どこまでもどこまでもゆったりと走り続けたいと思った時、ハーレーが真っ先に浮かんできます。映画「イージーライダー」を現役で見てきた一人としては本当はソフテイル・スリムというモデルを選びたいところですが、とにかくハーレーを外すわけにはいきません。

グッと腰を落としたローダウンルックにはハーレーだけが持つ独特の迫力を感じる

ハーレーと一言で言ってもかなりのモデルがあります。あまりバイクに詳しくない人にとってハーレーといえば、フロントに大型の風防を取り付けたビッグバイクに、いかついおじさん達が跨がっているという絵がすぐに浮かぶかもしれません。モデル名でいえばロードキングとかウルトラリミテッドと言われるバイクであり、ハーレーの王道としてめちゃくちゃカッコいいのです。

しかし、いかんせん大きくて重くて取り回しには相当なスキルが必要。リターンライダーを考えている私にとってはやはり荷が重いのです。しかし今回お薦めしているアイアン883はそこまで大きなものではありません。リターンライダーさん達にも乗りやすいシート高760mm(スーパーカブC125のシート高は780mm)、エンジンは883cc、車両重量256kgで、お値段は1,373,900円からと比較的リーズナブルです。ちなみに大きなロードキングは車両重量が360kgもあり、価格は2,987,600円からとなっています。

ハーレー伝統のV型ツインエンジン。音と振動が魅力

さてアイアン883ですが“乗りやすさ”と“楽しさ”が両立していて、ハーレー入門用にはいいのでは、と評価する人が多いのも事実です。かといって軟弱な感じなどはまったくありません。スタイルはハーレー伝統のVツインエンジンであり、不要なものを削ぎ落とした、粗削りな全身からはワイルド感がたっぷりと発散されています。

おまけにこのアイアン883は、ハーレー・ダビッドソン・ジャパンが6月30日まで提供している「FREEDOM PROMISE」という保証付き購入プランの対象車です。このプランは、例えば購入後に「あ、もう少し大きなモデルにしておけばよかった。乗り換えたいな」などと思ったときに役立ちます。

LEDヘッドランプもカスタムパーツとして用意

もし新車登録から365日以内であれば、他のハーレー(対象車あり)に乗り換える場合、新車本体購入価格と同価格で最初に購入した車両を下取ってくれるというありがたいシステム。アイアン883で失敗した、ということはあまりないとは思いますが、こうしたプランがあるだけでも、憧れへのハードルは少し下がることになります。