新型コロナウイルスの影響により、マスク需要が世界中で急増しています。もともとマスク習慣のないイタリアでも、新型コロナウイルスの流行以降はすっかり当たり前の習慣になりました。

コンテ首相は4月26日の会見で外出時のマスク着用を義務化することを発表。またそれに合わせて、マスクの価格を1枚50セント(約60円)にすると述べました。日本でも政府が配布するマスクが大きな話題になっていますが、イタリアではどのような状況なのでしょうか。


規制緩和に合わせてマスク着用を義務化

イタリアでは5月18日以降、新型コロナウイルス対策の規制が大幅に緩和されました。これまで外出は仕事や買い物などに限られていましたが、州内であれば自由に移動が可能になり、ショップやレストラン、美容室、美術館なども営業できるようになりました。劇場や映画館など一部の施設の再開はまだ先ですが、かなりの制限が解除されたことで多くの人が街に出て、久しぶりの散歩や外食を楽しんでいます。

ただ、いずれの場合も1メートルのソーシャルディスタンスを守ることやマスク着用が義務付けられています。外に出る機会が増えることで、マスクの需要もこれまで以上に増えそうです。

イタリアでマスクが購入できるのは薬局のほか、一部のスーパーや家庭用品店、またアマゾンなどのネット通販など。こう書くと日本と同じと感じるかもしれませんが、もともとマスク着用の習慣がないイタリアでは、コロナ以前は薬局くらいしか売っているお店はありませんでした。ここ1~2ヶ月で、ずいぶん販売店舗が増えた印象です。

とはいえ、マスクは流行当初からかなりの品薄で、少なくともミラノでは、薬局でも他の場所でも、店頭に並んでいるのを見かけることはほぼありません。アマゾンにはいくつか購入可能な商品も並んでいますが、ざっと見たところお届け予定日は1ヵ月以上先のものばかり。ここでもかなりの品薄であることがうかがえます。

(出典:amazon.it)