TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」、そのオリジナルモデルとして衝撃的とも言えるお披露目をしたのが「GRヤリス」です。今回AT仕様車なども追加しラインナップが完成しました。


東京オートサロンで世界に向けて発表

GRヤリスは今年1月に開催された「東京オートサロン2000」で世界初公開され一気に注目を集めました。

現在トヨタはWRC(FIA世界ラリー選手権)に参戦していますが、このレースに勝つために開発されたのがGRヤリスです。ここで得た数々の知見を市販車にフィードバック、トヨタによれば「誰もが安心して思いのままに運転できる」クルマに仕上げているとのことです。

もはやスーパーカーの領域

GRヤリスは単にヤリスをベースにチューニングしたクルマではありません。

新たに設定されたRS(プロトタイプ)、価格は未発表ですが、RZよりは当然安くなるはずです

ヤリスに設定の無い、1.6L直3ターボエンジンは最高出力200kW(200ps)、最大トルク370N・m(37.7kg-m)という強力なスペックを有します。さらにこのパワーを路面に伝達させるために新開発のスポーツ4WDシステムである“GR-FOUR”を搭載、これを6速MTで操るわけです。

ボディサイズもヤリスより大きく、特に全幅はヤリスの1695mmに対し1805mmに拡大、サスペンションやボディなど全てを新規に開発しています。もはやそのスペックから想像できるのは「小さなスーパースポーツカー」と言えるほどなのです。