はじめに

アパホテルが2,500円で泊まれる!?と聞いて、訝しげに公式サイトを調べると確かに予約できるようです。プラン名は「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」。ただし、アパホテル公式サイト・アパアプリ経由の予約(アパ直)限定のプランで、期間は2020年5月10日(日)~2020年6月30日(火)までとなっています。早速、出向いてみました。


2,500円とは驚き

アパホテルといえば、繁忙期はかなり高く閑散期はかなり安い、料金変動の幅が大きな印象です。数え切れないほどアパホテルへ泊まってきた中で、どんなに安い日でも2,500円は見たことがありません。これは早速泊まりに行ってみたい。自宅から近い場所ということでとりあえず「アパホテル池袋北口」を予約。ちなみに客室タイプを選ぶことは不可ですが、この日はスタンダードなタイプの客室がアサインされました。

予約は日曜日。当初は土曜日も考えました。これまで土曜日のアパホテルといえば、高く手が届かないので土曜日に体験してみたいと思ったのです。でも、土曜日だと池袋北口では空室がありませんでした。一般的に閑散日とされる日曜日にどれくらい混んでいるのかという興味もあったので、結局日曜日となりました。ちなみに土曜日でも日曜日でも料金は2,500円です。どうせ宿泊料金は2,500円と安いし、比較もしてみたいということで同じ日に池袋駅の隣駅大塚の「アパホテル山手大塚駅タワー」もリザーブしてみました。

駐車場のほうが高い!?


一方、日常的に車で移動しているので駐車場確保の問題が残されています。池袋北口も山手大塚タワーも駐車場はあるものの台数が限られていたり、何より駐車料金が1泊3,000円ということで宿泊料金よりも高い駐車場!?ということで少々ハードルが高いです。

都心のオフィス街であれば夜間格安の均一料金というコインパーキングも多く、調べてみると山手大塚タワー近くのコインパーキングで18時~翌朝8時まで600円という場所を発見。池袋北口は繁華街の中心部なので駐車料金も高額ですが、大塚であればクリアできそうという考えでした。というわけで無事駐車できました。

両ホテルとも2,500円で予約できましたが、アパ直ではなく一般の宿泊予約サイトで調べてみると同じホテルでも3,545円と1,000円以上高く設定されていました。決済方法ですが、池袋北口は予約時のクレジット決済が必須、大塚は現地決済も可能でした。