はじめに

安売りしてきた結果

こうして「自分を安売り」した結果何が起こったかといえば、「あの人は仕事を断らないよ」という評判が編集・ライター・PR・広告業界で広まり、会ったこともないような方々から次々とオファーが来るようになるのです。

すると、「安売り」ではなく「高売り」の仕事もいただけるようになります。ヘンな言葉ではありますが、「安売り」をやり続けていたらそれが「宣伝」となり、非常に割の良い仕事もいただけるようになるのです。

目先の「おいしい仕事」ばかりに血眼になり「オレ様ほどのレベルの人間にこんな仕事をオファーしやがって。忙しいんだよ、こちらは!」と主張した結果、没落した方々をたくさん見てきました。

長きにわたって仕事で活躍したい方は「安売りするな」という助言をされた場合、それに従わないというやり方もアリですよ。