ネットオークションやフリマアプリを利用する人が増えて、中古品を買うことも一般的になりつつあります。ただ中古品は新品とは違って、傷や汚れがあったり、パーツがなかったりと、言ってみれば「訳あり」商品です。そのため購入するときには必ず確認しておく大切なポイントがあります。今回の記事では、買ってから後悔しないように、そしてトラブルにならないための中古品のチェックポイントを紹介していきます。


新品を買う前に中古品をチェックする人は半数

ミュゼマーケティングが行った調査によると(調査期間:2020年3月30日~2020年4月5日、調査対象:全国20~34歳の女性、調査人数:574名、調査方法;インターネット調査)、52%が「購入・販売とも経験がある(52%)」と回答、「購入のみの経験がある」も16%という結果になりました。また「新品のものを購入する際、中古相場を確認してから購入していますか?」の質問に対しては「確認している」が51%となり、半数が中古市場を見ていることがわかりました。もし欲しい商品が中古で売っていればそれを購入するといった、お得な方法をとる傾向があることがわかりました。

必ずチェックすべきポイントは

新品を買う前に中古品を見て、「新品じゃなくても全く問題ない」とわかった場合、そのまま中古品を買うことになります。ただその前にチェックすべきポイントがあるので改めて確認しておきましょう。

【購入時期】
例えば化粧品の場合には、肌につけるものなので商品の状態は気になりますよね。それと同じくらい、「いつ買ったものなの?」と購入時期を気にする人も少なくありません。仮に未使用であっても2年前に買ったとなると、ちょっと抵抗を感じてしまうかもしれません。他にも洋服や靴なども、いつのモデルなのかは気になりますよね。購入から時間が経つと劣化してしまうこともあり、購入時期は必ず確認しましょう。

【使用期間や使用回数】
商品をどのくらいの期間使ったのか、何回使ったのかも確認しておくと安心です。洋服ならば「1シーズン」「週に1回のペースで半年間」や「10回」などで商品の状態がなんとなくわかります。これは商品の使用感にも繋がってくる部分ですよね。ただ出品者が使用期間などを覚えていなかったり、曖昧だったりすることもあるので、その場合の使用感は写真や商品説明から読み取ることが必要です。

【傷や汚れ】
傷や汚れに関しては、もはや絶対に確認すべきこととして浸透していると思います。新品未使用であっても、購入してから時間が経っていると経年劣化をしている可能性もあります。写真や商品説明でチェックして、気になることは遠慮なく出品者に質問をしましょう。